• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ4か月

  1. 2017/02/22(水) 16:53:34|
  2. | コメント:2
にげるこはく
ランランラン♪ 脱走だ♪

こはくつむじ小
お尻につむじがあるのが可愛いです。

スポンサーサイト

ニギハヤミコハクヌシ

  1. 2017/01/24(火) 11:13:16|
  2. | コメント:4
ここ何週かテレビでジブリシリーズの放映がされていますね。
何度観ていてもついついまた観てはその度に「おおお!」と
感動します。先週は千と千尋の神隠しでしたが、何度も観たとは
思えないほど面白く最後まで観てしまいました。

千と千尋の神隠しの主役はもちろん千なわけですが、もう一人の
主役は「ハク」と言ってもいいのではないでしょうか。
ハクはニギハヤミコハクヌシという川の神様だったわけなのですが、

なんと

なんと

なんと


我が家にもその神様が現れたんですよ!

1484954108193.jpg
呼ばれて振り返ってみるの図

昨年、メスのチワワが急死してあまりに寂しくて今年の春になったら
新しい子を迎えようという話になっていたのですが、お正月に天童の
ペットショップに行ったら、夫、娘、私の3人とも目が釘付けになって
しまった子がいて、しばらく3人で協議をした結果飼う事にしたのでした。
メスのスムースチワワです。短毛なのでシャンプーも自宅ででき、爪切りも
耳掃除も私がするので楽です。

昨年の10月生まれの子でかなり小さかったのですがすくすくと育ち、今、
ちょうどやんちゃ盛りで久しぶりの子犬育てにてんやわんやの毎日です。
娘が数年のうちに戻ってくるという前提の上で飼えた子犬なので、
命名権は娘に譲りました。娘は「ニギハヤミコハクヌシ」にしたいと
言ったのですが、獣医さんに連れて行ってそう呼ばれるのはかなわないので
もっとはしょった名前で勘弁してもらいました。

川の神様の名前をもらったので、長生きしてもらいたいものです。


犬の死

  1. 2016/11/22(火) 11:47:24|
  2. | コメント:2
昨年の5月から心臓の薬を飲み始めていた雌のチワワでしたが、11月11日に
あまりにも急に私たちの前からいなくなってしまいました。

咳が増え、新しい薬がもうすぐ発売されるのでそれを待って薬の量を増やしましょう
という事になっていた矢先でした。

その日の朝、元気にモリモリと朝ごはんを平らげ、前日はもう一匹の犬のごはんを
盗み食いするほどだったのですが、夜中から朝方にかけて咳が激しくなり、肩で息
をするような様子を見せたので念のためにと早めに獣医さんに連れて行ったのでした。

獣医さんには「肺に水がたまっている」と言われ、利尿剤の注射をしてもらい、レントゲン
を撮ってもらいました。そして犬を抱きながら増やす薬の説明を受けていた時に急に
首がかくりと落ち、見る見る舌が白くなって行き。。。。

獣医さんもあわてて蘇生の静脈注射などをしてくれたのですが駄目でした。

心の整理がつかずに2日ほどは泣き暮らしました。10日ほどはぼんやりとしていました
が、やっと心の整理もついたような気がします。

以前に亡くしたトイプードルの時は、半年以上も寝たきりで介護をしていたので、
亡くなった時は悲しいことは悲しかったのですが、心の整理がつかずに混乱する
という事はありませんでした。

もうどこかに行ってしまったかなあ。。。

火鉢生活

  1. 2016/10/24(月) 11:38:47|
  2. 季節
  3. | コメント:2
CIMG1806.jpg
去年、義父母の家の片づけをした時に物入れの奥から火箸と灰ならしが
セットになった火鉢が二組出てきました。義父母がため込んだ思い出の品は
割と簡単に処分する気持ちになれたのですが、カエルの置物と火鉢は捨てる
気にもなれず、火鉢はそのままにカエルは玄関先で門番をしていました。


CIMG1809.jpg
火鉢の模様もさることながら、取っ手も味のあるものです。
このままにしておくのももったいないと思い、使ってみることにしました。
灰、炭、五徳、火起こし器、炭を起こすためのバーナー(我が家はIHなので、
ガスコンロがひとつもない)等をインターネットで求め、いざ、火を起こさん!!!
と張り切ったのでした。

ところがどっこい、どんなに頑張っても炭が起きないのです。ちょっとばかり火は
つくものの、赤々と起きてきません。全部そろえたのに炭が起こせなくて火鉢が
使えないなんて、しゃれにもなりません。なのであれこれ考たり調べたりして、
ホームセンターで火起こしに最適と思われるアヒル口のバーナーを求めたところ、
炭がついに目覚めたのです!

CIMG1818.jpg

使い勝手がいいように、大きめの板にキャスターを取り付けて、継ぎ足しの炭を
入れるためのバケツを100円ショップで求め、火鉢生活の始まり始まりです。
赤々と起きている炭を見ていると、温かいこともさることながら、どういうわけか
幸福感がふつふつと沸いてきます。子供の頃はまきストーブで生活していましたから、
それへの回顧なのでしょうか。お茶の稽古用に求めたものの、何年も寝ていた鉄瓶も
出番を迎え、嬉しそうに釜鳴りの音を立てています。


CIMG1819.jpg
暖炉もペレットストーブも夢のまた夢の生活ですので、この火鉢は大きな満足感も
与えてくれました。

めでたし、めでたし。

さよなら 実家

  1. 2016/10/24(月) 11:18:13|
  2. 実家にて
  3. | コメント:0
CIMG1812.jpg

母が私の所に来て丸6年。誰も住まなくなった家はどんどん朽ちて行き、
近隣に迷惑をかけかねない状態になってしまいました。
一昨年あたりから兄と実家の片づけをしていたのですが、ついに解体と
なりました。基礎が残っている状態で行った時は、母が暮らしていた空気
みたいなものが立ちのぼっている気がして切なかったのですが、
すっかり更地になってしまったらあっけらかんとしたものでした。

兄は売れるものなら売りたいと思っていたようでしたが、私は母が存命の
うちは売りたくないとゴネ、不動産屋さんに管理をしてもらう予定です。

実家の建物がなくなるというのは寂しいものでした。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。