来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花畑

  1. 2009/04/17(金) 11:32:53|
  2. 季節
  3. | コメント:12
昨日、実家からの帰りの車の中で、ラジオで「三川町の菜の花が…」と放送されていました。
三川町は、酒田と鶴岡の境目にある町なのですが、平成大合併の時に条件が折り合わずに
単独で町政を行うことを選択した町です。

三川町は、何年前でしたか、ふるさと創生金なるものが各自治体に一億円ずつばら撒かれた
時に、その一億円で温泉を掘り、田田(でんでん)と名づけました。
鶴岡から酒田に抜けるのにバイパスができ、高速ができたので、私は滅多に近くを通らなくな
なってしまっていました。

昨日は実家を早めに出てきたこともあって時間に余裕があったので、菜の花畑に寄り道
してきました。
菜の花畑1

大型連休に合わせて開花を調整しているということで、まだ真っ盛りという状態では
ありませんでしたが、充分にきれいで、一面の菜の花は美しかったです。
菜の花畑2

曇り空で春霞とでも言うのか、向こうの景色がかすんで見えます。
菜の花畑3

これは、温泉の建物です。温泉ができたばかりの頃は、建物がひとつしかなかったのですが
いつの間にか、どんどん建て増しされて、わけわからんようになってしまいました^^;
田田

これは、菜の花ホールです。レストランが入っていたり、多目的ホールや会議室が
あるようです。立派な建物ですね。三川町は財政的に厳しいようですが、大丈夫なんでしょうか。
菜の花ホール

菜の花畑は、ふんわりと良い香りがしました。春の花の象徴ですね。
菜の花大



スポンサーサイト

父へのレクイエム

  1. 2009/04/15(水) 22:08:18|
  2. 実家にて
  3. | コメント:6
先々週だったか、実家で寝入りばなに珍しく金縛りにあいました。
布団に入って間もなく、背中をゆすられて目を覚ましたような気がしました。
両の手が背中をたたく感覚がはっきりとわかりました。
最初は、母が急なことで私を起こしにきたかと思ったほどです。
ところが、身体が動きません。そこで、「あー、金縛りかー」と。
声を出そうともがいているうちに、「うーん」と声が出て、一件落着^^;
背中をたたかれる金縛りなど初めてでした。
翌日、この話を夫にしたら「それはお義父さんだな」って言うんですよね^^;

間もなく、父の二回目の命日がやってきます。
今日も実家に来ているのですが、久しぶりに父が恋しい想いに駆られて
生前の父が使っていた箪笥をそーっと開けて、父の日記を読み返しました。
涙がとめどなくこぼれて困りました。
亡くなって二年も経つのに、昨日まで父が生きていたように恋しい。
おかしいですねぇ、こんなの。

でも、90歳に近い母ですら自分の父親が恋しいときがあるらしいのです。
親というのはきっと自分が死ぬまで恋しいと思うものなのかもしれません。

と、今日のブログは実にいつもの私らしくないものとなりました。
たまには、ゴメンアソバセ。

花見

  1. 2009/04/13(月) 17:15:21|
  2. 季節
  3. | コメント:6
ここ何日か暖かい日が続き、桜もあっという間に開花しました。
陽気に誘われて、今日はお茶の稽古仲間と近くの大きな公園で、お花見をしてきました。
といっても、みんなでおしゃべりしながらぶらぶら歩いただけですけれどね。

桜1

この建物は夜になるとライトアップされて、とてもきれいです。
大宝館

桜のトンネルです。
桜トンネル


北門

枝垂桜です。
枝垂桜

映画の撮影をしていたようです。
もっと近くで写真を撮ろうとしたら、スタッフに×と言われてしまいました。
映画撮影

コブシも咲いていました。
コブシ

お堀には飛べなくなって保護されている白鳥がいるのですが、
池の中に頭を突っ込んでえさを探している姿がユーモラスでした。
白鳥

桜も、色々な種類があるんですねぇ。
桜2

ソメイヨシノはふさふさと固まりになって咲きます。
桜近景


桜3

お花見には屋台も付き物ですね。
屋台

夫へのお土産に、「広島風お好み焼き」を一個求めました。
せっかくの卵の黄身が持ち帰る途中で破れてしまい、残念。
広島風お好み焼き

自宅近くの桜はまだ満開とは言えず、明日にでも写真を撮ってみようと
思っているのですが、お天気が怪しいことになりそうで、心配です。

ゆりかごをゆするのは誰?

  1. 2009/04/08(水) 09:39:04|
  2. 雑感
  3. | コメント:8
今朝、朝の仕事の合間にふと見たテレビに目が釘付けになりました。
赤ちゃんを寝せるベッドの話題だったのですが、赤ちゃんが泣き出すと
自動的にお母さんの心拍数に似た回数でベッドがゆすられ、八割がたの
赤ちゃんは泣き止むというものでした。

ええぇぇぇーーーーーーーーーーーーー!!
ゆりかごの綱を木ねずみがゆするのはまだわかりますよ?
機械で自動的にゆするって。。。。どうなの?
そりゃ、世の中の大人たちが忙しいのはわかりますが、それって、どうなの?
保育所で、自動で揺れるベッドに赤ちゃんがずらっと寝せられている光景が
目に浮かんで、背筋が寒くなってしまいましたよ。

足ででもいいから、人間の力で揺すろうよね、泣いた赤ちゃん。



さて、先日、お友達と少し遅れた私のお誕生会をしました。
昨年、うちの忘年会をしたお店でしたが、前回と違って昼間だったので、
また雰囲気も違い、料理も季節のものでとても美味しかったです。

一の膳
一の膳
・蛸の湯引き 梅肉醤油
・桜鯛煎り雲丹焼   ・細巻玉子
・一寸豆   ・こごみ
・手まり寿司   ・三色団子


二の膳
二の膳
造り   梅まかせ波まかせ
煮物   桜鱒絹田巻き
       桜麩 菜の花 筍
揚げ物  地元で採れた山菜の天婦羅
       塩又は天汁
小鉢   海鮮サラダ


石焼
石焼
六十里街道焼 山形牛 和風ソース

あとは、写真は撮りませんでしたが、ご飯とあおさ汁と香の物、それにデザートとして
苺桜餅が出ました。

中でも、牛肉は柔らかくてそれこそほっぺたが落ちるかと思うほどでした。
普段、そんなに牛肉を好んでは食べないのですが、とても美味しかったです。
和風ソースとありますが、醤油ベースのソースと、また別に柚子胡椒や本わさびも
ありました。 ご飯にも、牛肉のそぼろやその他二種類のご飯のお供が付きました。

サラダの野菜を少し残しただけで、ほとんど食べつくしたのですが、、、、
夕食が食べられませんでした^^;

親しい女友達と食べる内緒めいたご馳走ランチはまた格別のものがありました。


四月ももう3分の1が過ぎ、すっかり春ですね。
東京あたりは桜が満開を過ぎたのでしょうが、私の住んでいるところは川風が
冷たいので、つぼみはまだ固いままです。
でも、今日は良い天気ですし、きっと間もなくぱーっと咲くことでしょう。
一年で一番好きな季節がやってきました。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。