来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. 2012/11/27(火) 12:06:17|
  2. 季節
  3. | コメント:4
あのキチガイじみた暑さの夏からは間もないような気がするのに、
あっという間に時間は経ち、今日は冬の寒さです。
風が強く、時折雪混じりの雨です。

先日、娘がボランティアで外国に行くのに必要なキャリーバッグを
届けがてら上京してきました。このバッグは息子の結婚式の時に
着付けをしてもらう美容院あてに和服を送るために購入した物でした。
そのキャリーバッグに私の旅行用のボストンバッグを入れて持参したの
ですが、あまりの快適さに驚いてしまいました。
以前持っていた物は小さいくせに非常に重く、駅の階段を持って昇降
するのがとてもきつかったのですが、今回持って行ったものは軽くて
スイスイでした。駅から娘のアパートに歩いて行くにも実に軽快で、
もうたまらんと、帰り用の一回り小さくて非常に軽いもの(2キロ)を
購入してきました。
CIMG1434.jpg
これで、膝が痛いの腰が痛いのと文句を言わずに出かけられそうです。


もう一つの目的である、孫の顔も見に行ってきました。
いやはや、人の成長というものはすごいものです。7月の末まで
お腹の中にいたというのに、ギャーギャー泣き、ウクンウクンと
喃語を語り、ウフウフと笑い、猿から人間への進化をこんな短時間で
してのけるなんて驚くばかりです。
ちょっとだけよ

ほっぺた落ちそうです。
帽子
スポンサーサイト

ホジナシ星人

  1. 2012/11/10(土) 09:59:49|
  2. | コメント:4
母が家に来てから丸3年が経ちました。
今月の二十日に満92歳になります。
来た当初はヨレヨレでしたが、今は食生活の改善が
大きかったのでしょう、それなりの92歳です。
それでもここ最近、どうしたんだろうと思うことが続き、
少し滅入ります。

先日、夜の9時半頃玄関のチャイムが鳴りました。
夜の訪問者は滅多にない我が家ですので、少々不審に
思いながら玄関に行ってみると、母でした。
とっくに寝たはずなのに、昼間の身なりで何やら困った
様子です。

「朝の九時半なのに、なんでこんなに暗いの?」

ひぃぃぃ。

部屋に行ってみると、布団はきちんと畳んであり、カーテンも開けられ、
本人曰く「顔も洗った」とのこと。
うぬーーーーー。



母は朝食と夕食は我が家に通って食べています。

建物関係

玄関がこんな感じに向き合っているのです。
ここを歩いてやって来ます。
今朝も、朝食を食べ、我が家でゆっくり新聞を読み、
そろそろ隣の家に帰る頃、おやつの飴を用意しましょうと
隣家に行ったら

びっくり仰天!!

洗面所の蛇口からお湯が勢いよく出され、洗面所と
隣接する台所がもうもうの湯けむりです。
朝食前にトイレに行き、手を洗って、そのままになって
いたのでしょうね。一時間半もお湯が、出っ放しだったのね。。
母よ、電気代がもったいないと夕方電気をつけないで過ごすより
もっともったいないことをしているのですよ。。。。

まあ、ガスのつけっぱなしとかそういう危険ではありませんけれども
ちょっとへこむ出来事ではありました。
母も自分を「ほじねな~(馬鹿だな)」と言っておりましたが
きっとすぐ忘れるんだわ。



結局、ひと夏中咲き続けたホジナシシクラメン
CIMG1408.jpg

建具

  1. 2012/11/06(火) 14:55:53|
  2. えええの出来事
  3. | コメント:7
お盆に息子夫婦が孫を連れて初お泊りに来ました。
およめさんは秋田の実家で里帰り出産をして、
東京に戻る途中で寄ってくれたのです。

初お泊りに備えて、泊まる和室の畳、襖、障子
を26年ぶりに取り替えました。相当ひどい様子に
なっていたので、取り替える良いきっかけに
なりました。おかげで、気持ちよく泊まって
もらうことができました。

さて、和室と同じ階には、大変な問題児の部屋が
ありました。子供部屋です。
壁紙ははがれかけ、カーテンはよれよれ、出入り口の
引き戸はわけのわからないシールやプレートが
貼り付けてあり、はがすこともできません。
なので、この部屋も直しを依頼していたのですが、
やっとこの頃工事が始まり、新しい引き戸が
今日届きました。

引き戸を持って来てくれた建具屋さんは大変くだけた
口調のフレンドリーなおじさんでした。
隣室のサンルームで洗濯物を干していたわたしと
あーだこうだとおしゃべりをしつつ戸車の調節をして
いたおじさん、いきなり大真面目に「かあちゃん!」と
わたしに声をかけてきました。
わたしはあなたの母ちゃんではないんだけどね、と思い
つつも何だろうと子供部屋に顔を出すと、
「オレ、会社に戻るわ」とのたまいます。

ええええ、戸が片方残ってるじゃない!

「大変だ!片っ方の戸が逆なのよ、取っ手が逆についているのよ」

ええええええええ

それは大変です!!

そして、数分間大騒ぎした後に、ころりと「あ、俺の勘違いだったわ」と。

ええええええええ ええええ ええええ、うそん。

きけば、40年以上も建具屋さんをしてきたそうで、

良く40年間も無事に過ごしてこられたものだと
妙に感心してしまいました。


ヨカッタヨカッタ、勘違いで。
CIMG1400.jpg

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。