• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハバネロ、その後

  1. 2008/09/02(火) 19:47:01|
  2. 植物
  3. | コメント:10
ハバネロ鉢
やっと、ハバネロを小さな鉢から大きな鉢に植え替えしました。

先日、赤い実を収穫した時点では他に実はなかったのですが、
あの後、あれよあれよと実が生り始め、水をやるたびにあれよあれよと大きくなり^^;
ハバネロ青実
現在、6個の実を確認しました。

花も多数咲いています。
ハバネロ花
みんな、実になる気でしょうか。
どうしたらいいんでしょうね^^;


タイランドバジルも、ふさふさになり、花もどんどん咲く気配です。
タイランドバジル2


アーティチョークも元気です。
アーティチョーク2
アーティチョーク、年内につぼみが出来たらどうしよう…
背丈が1.5メートルもなるんですって。
どうしよう…

バジルも、鉢植えにしたら、可愛くて食べられない…
どうしよーーーー!


今日買ってきたイチジクは容赦なく食べました。
いちじく
美味しかった^^
イチジク割
スポンサーサイト

<<ディスクトップ画面 | BLOG TOP | ありがとうございます>>

comment

わー赤いイチジクだー

  1. 2008/09/02(火) 20:59:15 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
子供の頃のイチジクに対するイメージが悪くて(中身が生のお肉みたい)口にすることがなかったんですが、スペインに行った時、同僚にもらった黒イチジクを食べて以来、すっかりファンになりました。

トルコで食べたのは緑色でしたが、すごく甘くておいしかった。日本にも赤いイチジクがあるなんて知りませんでした。おいしそー!

ともさん、みんな大きくなったからってあわてないで。食べちゃえばいいんだから!ははは。

  1. 2008/09/03(水) 00:10:20 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
すくすくと大きくお育ちでよっぽどともさんのお家が居心地いいのね。窓からの景色が気になりました。
今朝4時にご飯を食べていた時に、すごい雷と稲光だったのです。でもこの辺ではなくて向こうのほう。雨はぱらっと。ダムの上を濡らした程度でしょうか・・・。私は一日家にいてじっとして誰とも話さないでいるので喉の渇きもおなかがすくのもそれほど気にならないのだけど、外で働いている人は大変でしょうね。夫なんか黙っていられないタイプだからどうせしゃべくりまくって喉嗄らしているんだわ。

イチジク美味しい!

  1. 2008/09/03(水) 08:51:13 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
私もイチジクは大好物です。子供の頃は、母がよく甘露煮にしていて、お弁当に入れてもらうのが楽しみでした。生のイチジクは大人になってから知った、大人の味です。こちらでは、青いものは生食もされますが、だいたいは煮るためにうっているみたいで、生食用にはこの黒っぽいのが売られています。身体にいい果物でもあるらしいですね。

ハバネロは、えーと、食べちゃえばいいんですか^^; 炒め物とかにして? おそろしい^^;  そうだ、そうだ!酒田のCさんに生の実をおすそ分けするという手があったわ! あの方はハバネロに縁のある方だし、きっと喜んでもらっていただけるに違いないわ。

yukacanさん、うん? 窓の外の風景? なんだろう。下の方にぽちっと見えるのはお隣さんの手入れのよく行き届いた畑だし、上の方は裏山ですよ? 田舎過ぎてびっくりした? 今度帰国する時はご両親も連れて温泉に入りにいらっしゃいよ。明日、パザルに行く気でいるわね、心配だわ。汗かいたら、水分だけはとってくださいよ。しかし、真夏のラマザンだと屋外労働者の人なんか、悪くすれば熱中症で死人が出たりしませんか?

おお、見事です。

  1. 2008/09/03(水) 08:54:59 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ともさんトコの植物君達は生育が良いですね。伸び伸びしてます。
バジルも枝を切って水につけておくと、根っこが出てきます。私は種で育てるのと、枝で育てるのと色々やってみました。バジルも、赤いところばかりじゃないんですね。

イチジク、皮が柔らかそうです。
容赦なく食べられちゃったんですね。あははは
私は、イチジクを想像すると(ちょっと赤くなると食べていたので)唇の両側がシミシミします。

いちじく考

  1. 2008/09/03(水) 23:59:05 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
「甘露煮にしてお弁当に入れる」って私の想像を絶します。どんな味なんだろ?

話が極端に飛んで恐縮ですが。昔々ボーイフレンドと嵐の後の海辺を散歩していたら、ばらばらになった船板とともに「いちじく浣腸」が流れ着いておりました。九十九里浜で密かに使用されたものが長旅の末イギリスにたどり着いたのか、客船クイーンエリザベスに乗っていた日本人が使用後にポイ棄てしたのか、いずれにしても、驚くべき物を眼にした私は震え上がったものです。

ちなみに、このボーイフレンドは今や私の「配偶者」に昇格してしまいました。彼が日本語読めなくて幸いでした。

バジル

  1. 2008/09/04(木) 09:15:11 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
この苗を買って来たときは、紫の花の咲いている茎が1本だけだったんですが、それが今は3本に増えて、重そうに倒れ掛かっているんですよ。紫の部分は、花が咲く部分みたいですね。切り取って水栽培して根を出させてみようかしらん。

イチジクって、皮がガサガサして食感が悪いですよね。テレビでだったか、皮をむいていくつかに切り分けて、フォークを添えて食べるとおしゃれとありました。確かに皮をむくとより美味しくなります。

いちじくの甘露煮

  1. 2008/09/04(木) 09:20:51 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
私の生まれた所ではいちじくの甘露煮が名物です。甘く、とろりと時間をかけて煮られたもので、油断すると焦がすので作るのは大変のようでした。母は甘いものに目がないので、季節になるとせっせと作っていました。いちじくを煮ている甘酸っぱい匂いは記憶の底に刷り込まれています。Andiさん、いちじくのジャムは食べたことがありますか? あれをもっと甘くした、丸ごとのいちじくなんですよ。

イギリスに流れ着いたそのすさまじき物は、日本人のお医者さんが考案したもののようですね^^;日本語が読めなくても、「これはなに?」とか聴かれませんでしたか^^;;

  1. 2008/09/04(木) 19:21:50 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
いちじくの皮、食べられるんですか? イギリス人の同僚には、指でつるりと皮をむいて食べるように教えられました。皮が剥きにくいのは充分に熟していないそうです。でも、スペインの黒いちじくの皮はつるつるでした。

「これは日本語? じゃ、君と同じように日本から来たんだね」 昇格前の男は、めいっぱいロマンチックを装って言ったものです。しかし「そうよ」と同意するには何か抵抗をおぼえた日本人の私なのでした。「どういう意味?」とも聞かれましたが、話題を変えるのに必死でしたね。

うははは

  1. 2008/09/04(木) 20:33:06 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
それは答えなくて正解だと思います。
そうなんですか、日本のお医者さんが考案したんですか。
それは初耳でした。便利なモノを発明したと思います。
しかしねぇ、食べる物とそうでないモノが、ごちゃまぜだぁ~~!

ほんとにまあ

  1. 2008/09/04(木) 22:05:41 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
同じイチジクなのに^^;;;

Andiさんが必死になっている姿が思い浮かべられて、大笑いです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。