• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって月見

  1. 2008/09/29(月) 17:58:20|
  2. 季節
  3. | コメント:4
今日、外出から戻って家の玄関近くで、あっとヒラメク光景が見えて思わず
立ち止まりました。いや、冷静に考えると、「え~!それはないだろう。。」
というような光景なんですが、どうしてもボツにしがたくて、載せちゃいます。



じゃーん!
なんちゃって月見。
月見もどき

え、絶対、月には見えないよって^^;
そりゃまた失礼いたしました^^;;
いい歳してアホだなあ、ワタシ^^;;;



そばに可愛らしいアザミが咲いていましたよ。
これが大きければなあ。
あざみ


さて、月曜は私のお茶の稽古の日です。
先生のお宅の近くに春日さんという神社があって、そこに先生が駐車場を
借りてくださっています。写っている木はとても大きくて、3人くらいでかかえると
一回りするくらいでしょうか。おごそかな感じがします。
春日さん
ちなみに、写っている車は知らない方の車です。持ち主の方、ごめんなさい。

そして、先生のお宅へ続く道。
お茶道前

玄関前にはとくさが沢山植えられてあります。
とくさ

中に入ると、玄関に手洗いがあり、手を洗って中に入ります。
手洗い

障子を開けて入ると、待合があり、そこに荷物を置いたり、
身支度をしたりします。
待合

そして、袱紗、古袱紗、懐紙、扇子を持って先生にご挨拶です。
ふくさ他

その先は写真に撮れなかったので、これでオシマイ。

スポンサーサイト

<<煮物が一番美味しくできた | BLOG TOP | イチジクの食べ比べ>>

comment

  1. 2008/10/01(水) 05:08:57 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
普段のお稽古に、扇も持って行くんですね。
路地も見せて頂いてありがとうございます。
もう少しゆっくり見ていたいのですが、今日は岩手へ行きますので、帰ってからにしたいと思います。

岩手、遠い!

  1. 2008/10/01(水) 08:41:34 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
岩手は遠いですよね。今年の夏、娘が岩手で弓道の大会があって、帰りにまっすぐ自宅に来たんですが、すごく時間がかかりました。車で迎えに来て欲しいそぶりを見せたのですが(弓をかかえていたので)、岩手までなんて無理とお断り申し上げましたよ。

扇子は、茶室に入る時とか、先生や仲間に挨拶する時や、お茶のお客さん役をする時に後ろに置くなど、本番の時と変わらないくらい使います。決して開いて使わないのに、色々な色や柄があるんですよねぇ。どうですか、cakeさんもお稽古始めませんか?

  1. 2008/10/02(木) 05:43:04 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
大きな満月ですねー。でもまだ日が出てるよ・・・。ちょうど薄もあっていいねえー、団子があればばっちりですね。ふっ。
神社の知らない人の車の上に書いてあるユニークな文字はなんて書いてあるの?「遊んではいけません」って書いてある?この塀は先生のお宅のものですか?すごいなあ。

かっかっか

  1. 2008/10/02(木) 17:41:52 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
yukacanさん、私のオバカに付き合っていただいてありがとうございます。確かに、おだんごがあれば完璧でしたね。

そうそう、車の上の看板には「ちゅうしゃじょうであそんではいけません」と、子供用に平仮名で書いてあるの。駐車場の入り口には大人用の看板もあるのよ。「無断駐車は罰金1万円」って看板。実際取られた人がいるみたい。神様もせちがらいなあ。

塀は先生の家のものです。この小路に入ると、もう気持ちはしゃんとお稽古気分です。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。