• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日も秋晴れ

  1. 2008/10/02(木) 18:03:37|
  2. 季節
  3. | コメント:4
今日は全国的に晴天だったようです。本当に気持ちの良い一日でした。
実家のつたも秋の衣装を着ています。
つた


今日、実家から自宅へ戻る道すがらにある、かねてから気になっていた
ものを間近で見てきました。
何かって、それは数年前から倒れかけているのに倒れない小屋です。
倒れかけ

持ち主の人、早く処分してくれないかなあ。
通るたびに気になるんですよ^^;

そして、この小屋の近くには不思議なオブジェ風の木が立っています。
不思議な木
多分、枯れてはいるんだと思うのですが、立ってるんですよ。
小屋と運命を共にしたいのかなあ。

この小屋が建っているところは海に面した土地で、風景はとても美しいのです。
海1
海2
空き地になっているのがもったいないようです。
スポンサーサイト

<<シソの実の佃煮 | BLOG TOP | 十六羅漢>>

comment

  1. 2008/10/03(金) 12:31:18 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
立ち枯れや廃屋は随分と見られるようになりました。
特に廃屋は山の奥には沢山あります。
家は、人間が住んでこそ家なんですね。

海岸端は松が松食い虫にやられてしまいましたが、山の方ではナラ枯れ(虫のせい)で、酷いことになっています。温暖化も少し原因があるようです。

7号線沿いも

  1. 2008/10/03(金) 17:51:34 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
今週、実家から帰ってくる途中、象潟付近でしたでしょうか、広範囲にわたってまるまる虫食いの為に刈られている場所がありました。自宅の近くの山も、あきらかに紅葉ではない茶色の葉が目立ちます。

廃屋といえば、実家からスーパーに行く途中の道の途中に、実家と同じような古さの家があり、戸締りをきっちりされて、障子も全部閉め切り、何よりも、台所らしいすりガラス窓の向こうには、何もない模様。母の住んでいる家も遠くない将来にそうなってしまうのかと、他人事ではない寂しさを感じてしまいました。

  1. 2008/10/03(金) 18:53:56 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
つたの紅葉がきれいですね。お庭にも色々な草花が茂っているのでしょうか。この廃屋も持ち主知らずなのかしら。うちの近所にも昔のギリシャ人たちが住んでいた洋館風のお屋敷が廃虚になってそのまま朽ちかけています。廃虚のままにしているくせに市は、改装をするならばオリジナルを崩さぬようにしないといかんとか色々うるさい条件をつけているので、買い手も無く朽ち続けています。市がしっかり改装をしてから売りに出せばいいのになあ。昔はぞや素敵だったろうという建物がたくさんあるんですよ。
日本海の風景って黒海の風景に似ています。

真っ赤なつたの葉

  1. 2008/10/04(土) 09:19:20 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
季節が進むと、つたはもっともっと真っ赤になって美しいです。

廃墟になったギリシャ人の洋館風の建物ですか、なんだか、ひどくロマンチックです。私が写真に撮った傾いた小屋にはロマンチックのカケラもありません^^;

何処でもそうなのかもしれませんが、海は季節によって随分顔が違います。私は、海は秋から冬にかけての顔が好きです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。