• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想ショッピング

  1. 2008/11/03(月) 18:50:59|
  2. 生活
  3. | コメント:3
今日は祝日でしたが、お茶の稽古があり、出かけてきました。
その後は、大きな家電店に行って、妄想ショッピングを楽しんで来ました。

電気屋さんというのは楽しいですね。
我が家は電気製品が長持ちする家で、電子レンジなんか、夫が独身の頃に
使っていた30数年も前のものをいまだに使っているのです。なので、電気屋
さんに行くと、電子レンジが壊れたら、こんな機能のある、こんな最新型のが
欲しいなあと思って眺めてくるわけです。それから、2011年にはテレビが
デジタル放送になるので、テレビも新しいのにする時はこれがいいかなあとか。

今日は妄想ショッピングだけで、5~6点もお買い上げして、もう大満足ですよ。
実際、買わなきゃならないときは、もっとシビアにお財布と相談でしょうが、
妄想の中では、どんなんでも買えちゃいますからね。

そうそう、今日はちょっと嬉しいことがありました。
7年前のファンヒーターが電源が全く入らない状態になってしまって、修理屋さんに
持ち込んだところ、ストーブの中の小さな部品がさびて駄目になっていて、その部品を
交換したら、あっという間に直ってしまったのです。しかも、その部品はどうやら、中古品
だったらしく、無料で直してくれたのです。これでまた、このストーブはまた何年か使えそうです。

電気屋さんからの帰り道、雲の切れ間からお日様が射してきて、とても美しい
光景でした。
神様??

多分、雲の間からストーブの神様が降りてきたのかもしれません。
大事に使わせてもらいますよ。
スポンサーサイト

<<我が家のストーブ事情 | BLOG TOP | 圧力鍋でご飯炊いてみた!>>

comment

それは、よござんした。

  1. 2008/11/03(月) 22:34:33 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
30数年前の電子レンジが壊れないのであれば、7年前のヒーターは、赤子同然ではではありませんか。直って良かったですね。修理屋さんに拍手です。今どき、部品代も取らずに直してくれる人なんて、お目にかかれませんもの。

そうそう、私は今日、電池が無くて点火しなくなった湯沸かし器の為に、電池を買いに行きました。新しいのに取り替えたら、もの凄い勢いで着くようになりました。こんなに違うんだと驚いています。ちなみにこの湯沸かし器は26年物です。

  1. 2008/11/04(火) 02:25:37 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
こういう話を聞くとまた更に日本恋しさが募りまする・・・。職業や自分の会社の商品を愛するって日本にいる時は当たり前だと思っていたけれど・・・。
実家のミシンもアンティックものですがミシン屋さんが今でも現役で使ってもらっていることに感動して直してくれたそうです。
30年物の電子レンジもすごーい!旦那様の嫁入り道具なのですね。うちもそう言えば父の嫁入り道具のアルミ(?)の鍋が50年物で現役だわ。

電気の修理屋さん

  1. 2008/11/04(火) 10:24:15 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
私がストーブを持ち込んだのは、K’s電気の隣にある、Mr.コンセントという所なんです。K’s電気の前身のデンコードーの子会社みたいな修理屋でしたから、そのままK’s電気の子会社になったのかしら。要らないから引き取ってと言われた古いストーブから使えそうな部品を取っておくのかもしれませんね。ファンヒーターは安いのだと一万円もしないのだけれど、修理をお願いすると一万円近くしたりする事もあります。そんな時は、人情として、古いのを処分して新しいのが欲しくなるじゃないですか。本当はそんなんじゃ駄目なんでしょうけれどね。今回直って、本当に良かったです。

cakeさんの所の湯沸かし器は26年ものですか、すごいですね。先日、義父が住んでいた家のボイラーが壊れて、そのボイラーには張り紙がしてありました。「リセットボタンを押しても点火しなくなったら、部品がないのでもう修理できない」って。。何でもそうですが、部品がないから修理できないと言うことが多々あります。残念ですよねーそういうの。

yukacanさん、うちの電子レンジすごいでしょう? RICCARというメーカーのもので、部品どころか今は会社そのものがないと思います。ほんとはね、周りの金具がはがれかけてたりして、悲惨な状態なんだけど、まだ温めができるのよ。けなげだよね。お父さんのお鍋が50年か、それもすごい。よく穴があきませんね。私は、一人暮らしを始めた時、実家で使っていた古い鍋を持たされたのだけれど、穴があいて使えなくなりました。愛着があってよく使っていたんだけどねぇ。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。