• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の誕生日

  1. 2008/11/20(木) 17:43:48|
  2. | コメント:4
今日は母の誕生日です。
昨日は、意識して誕生日の話題を避けて知らぬふりを通しました。
そして、母が寝室に引き上げた後、居間のテーブルの上に、誕生日プレゼントの
基礎化粧品セットと、お祝いメッセージを書いた手紙を置きました。

そして、翌朝、母より2時間ほど遅れて起きてきたら、母は
「良く覚えていたねぇ」と、満面の笑み。
10時のおやつの時間には誕生日ケーキも一緒に食べて、「久しぶりにケーキ
食べたなあ、美味しい、美味しい♪」と大喜び。
私も、とても嬉しくなりました。
誕生日ケーキ


母は秋田県の小さな田舎の村の大工の二女として生まれました。
10代の半ばで、看護師を目指して東京の看護学校で勉強したそうです。
資格を得てから、働いて看護師会に借りた学費を返し、その後新たに
また助産師の資格も得ました。とても働き者で、頑張り屋なのです。

昔の看護師というのは、どことなくロマンチックな制服なんですね。
母

二十歳の頃の母です。患者さんの娘さんと写ったそうです。
母二十歳
今はしわくちゃなおばあさんだけど、こんな可愛い時もあった母。

五歳年上の姉とはとても仲良しだったそうです。
母と姉

たくさんの兄弟に恵まれるのが当たり前の当時、珍しく二人姉妹だったとの事。
母と姉2

この伯母は、私が生まれる一年ほど前に若くして亡くなったそうなのですが、
私はこの伯母に性格が良く似ているんですって。「あんたは姉さんの生まれ変わりだ」
なんても言い出す始末。仲良かったお姉さんへの思慕の気持ちがそんな風に思わせる
んですね。

この写真は、晩年、認知症の進んだ祖母と温泉に行った時のものだそうです。
母は、今の私より若いくらいじゃないかと思うんですが、定かではありません。
母と祖母
この写真を見ると、祖母への懐かしさと、当時大変辛い思いをしていた母の
事が想われて、胸が痛くなります。



さて、初公開、わたくしのセクスィショットですわよ。
惚れちゃ、駄目よ。
赤ちゃん
スポンサーサイト

<<ぶるぶるぶる | BLOG TOP | 初雪>>

comment

お誕生日おめでとう

  1. 2008/11/20(木) 18:33:26 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
旗を持っているお母さんが、現在のともさんと雰囲気が一番似ています。お姉さん、亡くなられたんですね。戦前戦中戦後と、本当に大変な時期に青春を過ごして来たんですね。がんばりやさんです。ともさんと同じです。

惚れちゃ駄目よのピンクのスカートは・・・ふふふ、あ~ら可愛い。
私も、こんなカタコト動くおもちゃで歩く練習をしました。
懐かしいですね。

  1. 2008/11/20(木) 20:13:37 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
お母様のお誕生日おめでとうございます。素敵な写真を見せて下さってどうもありがとうございます。1枚1枚が貴重です。美人姉妹でいらっしゃったのですね。
ベスト以外にもちゃんとプレゼントがあったのかあ。
セクスィーショット、いいんですか?こんなのブログに載せちゃって。それにしてもどうして裸でこれ押してたんでしょうね。髪の毛は、タラちゃんぽいね。しかもなんかご機嫌悪そうー。

まー

  1. 2008/11/21(金) 08:13:19 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
ピンクのスカートで一層色っぽくしちゃったんですね。この撮影後、風邪をひいたんじゃないでしょうか。いや、すごく暑い日に撮ったのかな。

お母さま、とっても美人。まさに白衣の天使のよう。写真一枚一枚に、思い出がみっちり詰まっているんでしょうね。きっといろいろとお話する機会になったことでしょう。

お誕生日、ほんとうにおめでとうございます。いつまでもお元気で。

人の顔はコロコロ変わる

  1. 2008/11/21(金) 09:43:24 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
小さい時は父親似だったのに、大きくなったら母親に似てきたとか、年と共に親に似てくるとかということありますよね。

私は、母とは似ていないとずっと思っていました。そしたら、ある時、この写真を見た友達のご主人が「ともさんはお母さん似だのぅ」と言ったので、びっくりしたのです。

また、私には似ていないと思っていた娘が、成人式の前後に複数の人から「お母さん似だねぇ」と言われて、お互いにびっくりしたこともありました。そりゃ、親子ですもの、どこかしら似てはいますよね。娘は、この写真では姉妹で和服姿の方の母に、私が似ていると評しておりました。

でも、本人は二人ともお互いに似てないと思っているのですから、おかしなものです。

cakeさんもこのカタカタ使ったクチですか。年齢が近い証拠ですね、ふっふっふ。

yukacanさん、きっと、手を差し伸べた先に母がいたのでしょうね。年齢的に、人見知りする頃かもしれませんね。私、髪の毛全然ない赤ちゃんだったんですって。

Andiさん、私は3月末生まれなので、この写真は1歳前くらいでしょうか。ということは、寒い時期かと思います。母の昔の話を根気強く聴くのも私の大事な役割です。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。