• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボイラーが入った!

  1. 2008/12/02(火) 19:39:15|
  2. 生活
  3. | コメント:9
先週の金曜日から、リフォーム業者が入り始めました。
これは、古いボイラーです。
古いボイラー

義父の家より新しい我が家ではボイラーが、故障をして3回くらい交換しましたが、
義父の所は一度交換したかどうかくらいでした。
秋に、ついにそのボイラーが壊れて、あまりに古いボイラーで部品がないという事で
新しいボイラーをつけることになったのでした。

工事やさんがワラワラと出入りし、
工事

何だかんだと工事し、
工事中

今日、新しいボイラーが取り付け完成しました。
新ボイラー

以前のボイラーに比べて、性能は格段にいいのに、サイズは小さくなった
という不思議さ。浴室もリフォームすることにしたのですが、浴室は明日
工事するんだそうです。


ボイラーばかりでつまらないですね。
お目直しに、可愛らしい小物を。
和服小物
頂き物ですが、職場の壁に張ってあります。
上手に作る人がいるんですねぇ^^
あぁ、壁のシミは見逃してくださいよ、古い建物なのでね^^;
スポンサーサイト

<<今日は、お友達と忘年会♪ | BLOG TOP | 師走>>

comment

ありがためいわく

  1. 2008/12/03(水) 08:19:56 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
うちのボイラーもすごく古いです。4年前に修理してもらった時に、もう部品は手に入らないから、この次壊れたら新品買わなきゃダメですよって言われてしまった。お隣の人も同じこと言われて、「壊れる前に」と去年新品に換えました。で、その時、部品要るかもしれないよってその古いボイラーをくれたんです。旧式のそのばかでかいボイラーは、今うちのガレージに眠ってます。おかげで、私の車はガレージに入れられないんですよ(涙)。

あらら、可哀相

  1. 2008/12/03(水) 09:35:40 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
Andiさん、お気の毒です。
最近の設備機器は、省エネに力を入れていますから、小さくて効率の良い物に変わってきていますね。それにしても、水回りのリフォームは大変です。

ともさん、一番下の可愛いですね。何となく作れそうではありませんか。
着物は作れると思ったんですが、チャンチャンコの発想はありませんでした。
これはタペストリーと呼ぶのでしょうか。リースではありませんよね。

Andiさん

  1. 2008/12/03(水) 16:29:36 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
あららー、何故もらってしまったんでしょう^^; いくら部品のためとはいえ、丸ごとでしょう?処分するんだってすごく費用がかかるでしょうに。。。

でも、わかりません。「ああ、もらっておいてよかった」と大感謝する日がこないとも限りません。夢を持ちましょう。

しかし、イギリスでも日本と同じように「部品が…」って言われるのね。しみじみ。。。

cakeさん

  1. 2008/12/03(水) 16:34:37 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
本当に、水周りのリフォームは大変と言うか、思ったよりオオゴトです。しかも、義父母のうちと我が家は、何故か水道のメーターが共有されていて、工事の間中家の水道は止まってしまいまして、今朝なんか、それをすっかり忘れていてトイレに入ってしまい。。。。以下自粛

ねー、着物もちゃんちゃんこも素朴で可愛いです。気持ちが和みます。

  1. 2008/12/03(水) 18:24:28 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
リフォームお疲れ様です。今日は浴室のほうが始まったのですか?こういうボイラーがあるってやっぱり北国なんですね。ねえねえ、ともさんのお義父さんのお家って部屋の上に「○○室」って全室書いてあるの?
沸かすお風呂って、どの国にあるものなんでしょう。今度もし家を買うとか作ることがあったら絶対日本のお風呂にする!と夫は言っておりますが、世界のどの辺でこのお風呂を沸かすと言うことをしているのかなあととても知りたく思うのです。
水が出ないと大変でしょう~?うししs。

  1. 2008/12/03(水) 18:30:14 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
http://homepage2.nifty.com/osiete/s408.htm
沸かすお風呂って日本だけらしい。

http://www.kitchen-bath.jp/public/40nenshi/2.3ofuromonogatari.pdf
この中の木製浴槽が懐かしいのー!小学生の頃こんな家に住んでいましたよ。

yukacanさん

  1. 2008/12/03(水) 22:37:29 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
そうそう、義父は、やたらと○○室とプレートを貼るのが大好きな人で、あちこちに貼られています。よく理解できなかったんですが、ひとつの事に懲りだすと、信じがたいほどの執着心を持つ人でした。上の階のトイレには「社長室」というプレートが貼られてるの。

ボイラーはどうなのかしら、北国だからあるの? 実家にも普通にあるけれど、栃木の友達の所にもボイラーはあったよ?

私が子供の頃は、銭湯に通っていました。今よりも、降雪量がとんでもなく多くて寒くて、冬に銭湯に通うのは大変でした。でも、天気が悪いと、母が角巻き(?)と呼ばれる大きな防寒用のポンチョみたいなのにすっぽり包んでくれて、身も心もホカホカと暖かくなったものでした。

外国の方も日本に来ると湯船を羨ましがられるようですね。やはり、水に恵まれた国だから、お風呂が発達したのでしょうね。冬になると、寝る前に湯船につかって温まり、ホカホカと眠る幸せをしみじみとありがたいと思います。

Yukacanさん

  1. 2008/12/04(木) 00:10:26 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
うちにもありましたよ、このお風呂。ヒノキでした。ある日、2軒先のうちで飼っていたペットのりすが、うちに逃げ込んでしまいました。お風呂場にも行って、買ったばかりのヒノキ風呂釜が齧られては大変!と大変なさわぎだったのを今でも覚えています。懐かしい。

「社長室」って、お義父様はユーモアがあったんですね。

ひのきのお風呂!!!!

  1. 2008/12/04(木) 16:47:34 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
Andiさんのお宅はヒノキのお風呂だったんですか!いい香りがしたでしょうね。私の家の近くの大きなホテルの新館では、部屋についているお風呂がヒノキで、一度見たことがあるのですが、とってもいい香りでした。ヒノキのお風呂って、丈夫なんですよねー。

「社長室」をユーモアととらえてくれるAndiさん、えらい!家の嫁に欲しい。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。