• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の花

  1. 2008/04/08(火) 09:40:20|
  2. 季節
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
昨日、畑の山の花が(名前がわからない^^;)きれいに咲いたのを
写真に撮っていたら、くしゃみ・鼻水・涙目の大嵐に見舞われてしまいました。
花粉が飛びまくっていたようです。

短い期間ですが、畑の日陰部分に毎年ひっそりと咲く可憐な花があります。
名前は知らないのですが、この花が大好きです。
山花群れ

直径3~4センチでしょうか。
山花個



スモモも蕾がだいぶ大きくなりました。
すもも

私は実のなる木が好きで、スモモも食べたいがために植えたのに
無知というのは恐ろしい^^;
スモモも木が二本ないと実がつかないという事に何年も経ってから
気づき、去年お婿さんを植えました。
が、年若すぎるお婿さんで、今年は実がなりそうもありません。

梅も満開状態です。
梅花

梅も、去年やっとお婿さんを植えました。
これも、スモモと同じ年若すぎるお婿さんでした。

これは山椒です。
山椒

一昨年、剪定をし過ぎたら、反乱を起こして、昨年は花が咲かず、
実がなりませんでした。

今年は、なんか期待できそう^^
実が採れたら、乾燥させて、自家製の山椒の粉を作るつもりです。
若芽を摘んでおひたしにしたりしても食べます。


昨年、枝垂れ桃も枝垂桜も植えたので、数年後が楽しみです。
昨日、知り合いの奥様が私よりひとつほど上の方ですが、
先月末に亡くなったと聞きました。娘の同級生のお母さんでもありました。
大変に苦しい病気だったにもかかわらず、最後まで毅然と人生を
過ごし、自宅で家族に囲まれて亡くなったそうです。
亡くなる前日話すのもつらい中、子供達には「幸せになってね、楽しかった」
と、ご主人には「ありがとう、大好きだった」と感謝の言葉を残して…

桜も桃も下から花を見上げる事が出来るようになるまで生きていたいな。
スポンサーサイト

<<鳥海山 | BLOG TOP | 両親の異変>>

comment

あ~~んあんあん

  1. 2008/04/08(火) 13:06:22 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ともさんが泣かせた~~~。えんえん

お友達の奥様、若いのにもったいない。
どんなにか、子供達の事が心配だったでしょう。
人間、いつかは死ななければならないのだけど、天寿を全うする事が本当は幸せなのだと思うけど、何だか判らなくなってきたよ~。
ともかく、与えられた分だけ、一生懸命生きてみましょう。え~んえん

あ~んあん

  1. 2008/04/08(火) 13:17:10 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
その花は、通称イチリンソウで、イチゲの種類です。
白くて綺麗ですね。鳥海山渓では、濃い紫の種類があります。一般的には白が多いようです。
私も薄紫のイチゲを自分の庭に植えました。わーっと増えたかと思ったら、全部白に変わりました。
もしかすると土の酸性度が影響しているのかも知れません。ちなみにイチリンソウには毒があるので、食べたらいけませんよ~。
え~~ん、えん ←このアホ、誰か止めて!

よしよし、泣かないのよ

  1. 2008/04/08(火) 16:55:18 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
って、私もご主人の会葬お礼の文を読ませて
いただいて泣きました。
病気がわかった時に余命6ヶ月と宣告されても
全く取り乱さなかったそうです。

そうですね、与えられた分だけ、お互いに一所懸命
生きましょうね。


イチリンソウですか。なるほどなるほど。群れて
咲くのに寂しげな名前なんですね。

私も泣かされた~

  1. 2008/04/08(火) 21:13:02 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
わ~ん(ともさん、私にもよしよししてくれないと泣きやまないよ~)人には死ぬ時も場所も、どんな風に死ぬかも選べませんね、そのことを心して、毎日を悔いのないように過ごしたいです。

山椒の若芽がおひたしにして食べられるなんて知りませんでした。どんな味なんでしょう?

よしよし、Andi

  1. 2008/04/08(火) 22:26:24 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
Cakeさんにはつい、「泣かないのよ」と言って
しまいましたが私自身つらい事があった時、
「泣いちゃだめ」といわれて慰められたことは
ありませんでした。

つらいときは、「泣きなさい、好きなだけ泣き
なさい」と抱きしめられたほうが、どんなに慰め
になるか。

たとえば小さな子供が転んで泣いたとき、
「泣くな!」と言うより、「おー、痛かった
のね、痛かったねー、かわいそうね」と共感の
言葉を言われた方が子供は楽になるんですよね。


ちょっと、はずれちゃったけど^^;



個人的には、母を看取る事ができたら、
あとは思い残すことがないのね。
これ以上望んだら贅沢だって気持ちで
生きています。
好きなことさせてもらったし。
感謝、感謝の日々です。
Cakeさんを始め、ここに来てくれたAndiさん、
その他のお友達達にもホント感謝です。


え?
私は100まで生きそうな気がする^^;
なので、よろしくね。

山椒

  1. 2008/04/08(火) 22:30:59 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
山椒の若芽のおひたしの味ですが
うーん、やっぱり、山椒の味がします^^;
たくさん、わしわしと食べるのではなく、
ちょっと薬味感覚で食べます。
生だと、一枝くらいだけど、おひたしにすると
もうちょっとたくさんの葉が食べられます。

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。