• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の主役はぴのこちゃん

  1. 2010/02/26(金) 09:54:30|
  2. 動物
  3. | コメント:6
ブログに載せようと写真は撮ってくるのですが、なかなか書けないでいます。
なので、おもいきりはしょって書きます。

今月の半ば頃、娘の所に行って来ました。その前の週、飛行機が飛ば
なかったcakeさんには申し訳ないくらいの良いお天気でした。
飛行機の窓から富士山が見えましたよ。
富士山


我が家には飼い犬が3匹います。
この犬は一番若い犬で女の子のぴのこです。
ぴのこ1

雌犬のせいかどうかわかりませんが、とにかく他の犬の目の周りや
耳の中をきれいにお掃除してくれて助かります。
ただ、お掃除される側はかなりうっとうしいらしく、時々うなり声をあげて
「やめれ。。」と抗議するのですが、ぴのこはどこ吹く風です。
ぴのこ&マリオ

ぴのこは、繁殖を考えて飼い始めた犬だったのですが、うまくいかずに
今年で4歳になりました。年を重ねるごとに雌犬特有の病気の発現率が
高くなり、身近でも苦労した例を二件ほどみてきたので、色々考えた
結果、避妊手術をさせることにしました。

先週の水曜日、実家に行く前に獣医さんの所に入院させました。
今まで一度も飼い主の元を離れたことのない犬で、置いてきたほうも
落ち着かなくて仕方ありませんでした。
途中で立ち寄ったニトリで犬のぬいぐるみが割引で安くなっていたので
つい、ドライブのお供に購入して時々眺めては、ハァァなどとため息^^;
旅の友

翌日は実家を一目散に抜け出して、獣医さんの所へまっしぐらに
迎えに行きました。
これが手術後2日目の衝撃写真(?)です。
刈り上げられたところがおかっぱ頭の前髪みたいで笑えます。
犬というのはたくましいですね。
傷口を痛がる様子も気にする様子もなく、ご飯ももりもり食べます。
ぴのこ術後1日目

そしてこれが、本日のおなかです。
生まれた時からお腹に傷があったみたいに全く気にもせず元気イッパイです。
明日、抜糸に連れて行ってきます。
ぴのこ術後9日目

ぴのこの回復を祝ってか、アマリリスも大きな花を咲かせました。
アマリリス
スポンサーサイト

<<赤い靴~ は~いてた~ 女の子~ ♪ | BLOG TOP | 来た道 行く道>>

comment

No title

  1. 2010/02/26(金) 22:29:46 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
うちのRustyが腰の手術した時、こんな感じでホチキスのようなもので傷口がとめてありました。毎朝傷口を見るたびに泣く私をなぐさめてくれたRusty。思い出してまた泣いてしまいました。

歳のせいか涙腺がゆるくなってしまいました。昨日、試験の課題図書「デューク」を訳している授業中に、不覚にも、感極まって泣いてしまいました。イギリス人の生徒、この「少年」がデュークだとはわからなかったようで、その説明をしていたのです。「ぼくもとっても愛していたよ」というところが過去形で、「も」っていうところで、君が僕を愛していてくれていたことも知っているんだよ、という思いを解説している途中で涙が出てしまったのです。ああ、恥ずかしい・・・

ぴのこちゃんって、飼い主さんに似てきれい好きなんですね。ともさんもうまくその瞬間をとららえましたね、うまい!

ああ

  1. 2010/02/27(土) 11:29:40 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
まさか、手術の傷痕を見ることになろうとは・・・。
ぴのこちゃんは、4歳だったのですね。もっと前からいるとばかり思っていました。子犬が生まれたら生まれたで、ともおっかさんは両腕をまくり上げて奮闘もしたことでしょう。でも、今のぴのこちゃんを守ってあげられるのも、ともさんですからね。Andiさん、私もうるうるになりました。(映画ハチでも泣いた。結末が判っているのに。)

ともさん、あの天気の次の週がこんなだったのですね。ああうまく富士山が捕らえられましたね。羨ましい。実は道路関係の大会に参加する予定で、その会が終わったら、東京ドームで行われているテーブルアレンジの日本大会を見たいと思っていました。チケットも買ったのに・・・。年に一度なのに。本当に残念でした。

Andiさん

  1. 2010/03/01(月) 09:28:16 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
犬の手術っていうのは、なんか、自分の時よりこたえるような気がします^^; 切ないですね。来週はトイプードルのマリオが右ホホにできた腫瘍を取り除く手術をすることになりました。こちらは日帰りで、手術跡も小さいはずなのですが、やはり心配で。。。犬は長生きするようになって、人間と同じように年齢と共に色々な病気が出てくるのですね。

「デューク」という本を日本語に訳したということですか? 生徒さんはきっと、Andi先生の豊かな感情に胸を打たれたのではありませんか?確かに、涙腺は緩んできますね^^; でも、わたしはもともと涙腺はゆるい方なので、子供の頃から良く泣いていたから今更という感もあるのですけれどね。

友達のところで以前飼っていた柴犬の母娘は、お互いによく舐め合って、耳などほんとにきれいだったそうです。メス犬は違うのかもしれませんね。

Andiさん、ねぇ? ワタシ、ほんと、片付けは下手ですよ?目も当てられませんよ?

cakeさん

  1. 2010/03/01(月) 09:35:31 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
そうなんです、ぴのこは今年の一月で満4歳になったのです。満1歳になった時点で、ぴのこを買ったペットショップの方が自宅に来てくれて繁殖の手伝いをしてくれる手はずになっていて、日にちまで決まっていたのですが、夫の大きな病気が見つかり、その時は断念したのです。そして、その後はずるずるとお手伝いをお願いしないでいたままにしたら、結局オスイヌがヘタクソでうまくいきませんでした^^;

ほんとに、cakeさんが予定していた日は、不運としかいいようのないお天気でしたね。今季で一番のひどい天気ではありませんでしたか? 残念でしたね。飛行機のチケットは払い戻しになったでしょうが、テーブルアレンジメントの大会の方は払い戻しにならなかったのではありませんか? 来年こそ行けます様に。

No title

  1. 2010/03/05(金) 17:10:03 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
痛々しい傷跡、けろっと見せて写真まで撮らせてくれるぴのこ嬢に
励まされるようですね。
動物の言葉がわかればといつも思います。

yukacanさん

  1. 2010/03/08(月) 17:08:12 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
お返事、大変遅くなってスミマセン。

外で飼っている犬もそうかもしれませんが、特に室内飼いしている犬はほとんどが飼い主に対して無防備にお腹を見せるのではないでしょうか。私の顔を見たとたんにお腹を見せたり、ぐっすり寝ているときに後ろ足をちょっと触れたりするだけで、ぱかーんとお腹を出たりします。可愛いものです。

ある説によると犬には快と不快の感情しかないということでしたが、うちの犬の顔や態度を見ていると、もっと細かい感情の動きがあるような気がします。「うちの犬たちが言葉がしゃべれたらうるさくてたまらないだろうね」と夫とは話しています。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。