• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフォーム顛末記

  1. 2010/06/10(木) 19:18:08|
  2. 生活
  3. | コメント:4
リフォームが終わって、一ヶ月あまりが過ぎました。

築23年の我が家も数年前からあちこちが傷み始め、
にもかかわらず一切手を入れなかった為、水周りを
中心に相当ガタがきてしまっていました。
リフォームの心積もりはしていたのですが、そのためには
膨大な荷物の整理や移動をしなくてはならず、「いつか
そのうち」と伸ばし伸ばしにしていたのですが、地区で
温泉の権利を10口程販売するという話があり(新規に温泉の
権利は絶対手に入らないものだと思っていたのですが、ご時勢で
観光ホテルの倒産や廃業が相次ぎ、温泉組合も困ったようでした)、
夫が是非に欲しいと言い出して、それをきっかけにリフォームが
具体的になりました。長い前置きね。。。

今年に入ってから、今の家を建てた業者にリフォームの相談を
持ちかけて何度も話し合いを持ち、メーカーのショールームにも
何度も足を運んでやっと本決まりになったのが3月の半ばでした。
それからはあれよあれよと事が進み、4月の頭に隣にある義父母の
家で暮らしながらリフォームの完成を待つことになりました。

20数年の澱がどっとあふれ出し、その整理をするのは本当に
大変でした。捨てるに捨てられなかった、けれどもう決して
使わないであろうものたちの処分に、どれだけ頭を悩ませた事
でしょう。でも、すぱっと頭を切り替えて、思い出の品達も
次々と処分しました。

義父母の家に移ってからの最初の一週間は「破壊」でした。
リフォーム1

間取りを変え、トイレの位置も変わる大掛かりなリフォームでしたので
壁も次々と取り壊されていきました。
リフォーム2

床はコンクリートがむき出しになり
リフォーム3

壁も無残。
リフォーム4

自分の家の鉄骨むき出しの天井は初めて見ました。
リフォーム5

廊下から見た居間や台所です。
もう、抜け殻ですね。
カメラの設定ミスで、日付が一年ずれています。
リフォーム7

照明も取り外されてしまったので、夜、寝室に行く為に
廊下を通る時は、非常にわびしいものを感じました。
そしてこの頃には、どうしたわけか私の精神状態が
不安定になり、鬱々と落ち込んでしまいました。
義父母の家で過ごす毎日が相当なストレスになって
しまっていたのではないかと思います。
リフォーム6

徐々にフローリングや壁の為の下準備が進み、
システムキッチンを取り付けるための準備も
され始めました。
リフォーム8

壁紙が貼られると、やっと人の家らしさが出てきました。
リフォーム9


リフォーム10

ここは洗面所ですが、左の窓は以前はトイレの窓でした。
トイレは別の場所になったので、壁を取り壊して洗面所を
広げたのです。
洗面所

洗面所は明るくしたかったので、壁紙も洗面台も黄色を
選びました。
洗面台

大きいのでボクも洗えます。
洗面台とチワワ


そしてここは元ボイラー室です。
トイレ前

何になったかと言うと、ハイ、トイレになりました。
20数年もボイラー室だった所がいきなりトイレに
なったので、しばらくは妙に居心地が悪くて困りました。
トイレ後

設置されたばかりのお風呂です。
温泉の出てくる蛇口が付いているわけですが、恐るべし温泉。
温泉を出し始めた翌日には蛇口の金属が変色してしまいました。
以前から温泉を引いている家(昔からの古い家では数軒、個人でも
温泉を持っているのです)の人の話だと、金属だろうと浴室だろうと
傷みが非常に早いそうです。蛇口は10年の命だそうです。
お風呂1


お風呂2

左に見える引き出しは以前からあったものですが、
壁の取り壊しによって、右に微妙なスペースが
できてしまいました。
隙間前

とりあえず壁紙を貼ってもらって仕上げてもらいましたが
たいして使えない実に微妙な空きスペースになりました。
今は、犬の餌置き場になっています。
隙間後



そして、これが完成して現在使用中の台所です。
何故か、夫がこの赤い色を選択しました。
台所

後ろには大きな収納棚をつけたので、たっぷりと
片付きます。
収納棚

以前は調理はプロパンガスの器具でしたが
今回はIHクッキングヒーターにしました。
掃除が非常に楽です。調理中でも油跳ねを拭くことが
できます。
IHクッキングヒーター

グリルは魚を焼く時、ひっくり返す必要もなく、
時間もタイマーで決められるので焦がす事もありません。
きれいに焼けるので、感動ものです。
グリル

ヒーターやシンクの下も引き出し型の収納になっており、
驚くほどの収納量です。
キッチン収納

シンクも蛇口が伸び縮みするので、シンクを洗う時に
非常に便利です。
シンク

以前は台所と居間が別々で、私は壁に向かって黙々と
調理をしていたわけですが、新しい台所は対面式で
居間と一体型になっており、洗物中や調理中に居間に
いる人と会話ができたり、テレビを見たりもできます。
そして、調理したものをカウンターに出せるので
居間に出すのも居間から片付けるために下げるのも
とても楽になりました。
台所より居間を見る

苦労したのが私のパソコンコーナーです。
壁と、以前からある食器棚(今は私の書類棚になっています)と
壁との間の隙間にギリギリに収まったパソコンラック。
食器棚の奥の扉は開かないので、必要を生じた時は
パソコンラックをゴロゴロ動かします。
パソコンコーナー

台所と居間の間には犬が通れないように柵をおいてあります。
居間と台所の境目

この出窓は以前からあるもので、三角に外に突き出して
いるのですが、網戸が新しくなり、それがなんと今流行り
とかで、使う時だけスルスルと引き出す網戸なのです。
もう、世の中進んでるんだわーーとたまげてしまいました。
出窓



今日は長い長いブログになってしまいました。
お付き合いありがとうございました。
お口直しに、腫瘍手術後エリザベスカラーをされた
情けないマリオの写真です。
エリザベスカーラー

リフォームをして、色々と考えさせられることが
多々ありましたが、それはまたいつかの機会にお話し
してみたいと思います。
スポンサーサイト

<<ラディッシュの収穫 | BLOG TOP | そろそろビールの季節>>

comment

No title

  1. 2010/06/11(金) 19:25:09 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
昨日から何回も写真を拡大して見てます。築23年ですか・・・ちょうどうちと同じくらいです。(我々が住んで10年ですが。)それだけ永く住んでいたら、準備のために物の整理が大変だったでしょう、本当におつかれさまでした。

洗面台や台所のシンクが大きかったり、蛇口に使い勝手のいい工夫があったり、うーん、温泉ですか! うらやましい限りです。わんちゃんたちも温泉浴できるのかな? 使う時だけ引き出す網戸ってどんな感じなんでしょうか? トルコの家は蚊が多いので、そういうのがあるといいんですけど・・・ ともさん、新しいおうち、エンジョイしてくださいネ!

マリオちゃん、お大事に。これつけてる間は、耳やお目目の手入れができなくて、ぴのこちゃんの欲求不満がたまるんじゃないかな、ふふふ。

No title

  1. 2010/06/11(金) 22:42:44 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ようやく終わりましたね。もうすっかり片付けは済んで、落ち着かれましたか。リフォームは、楽しみも多いけど、煩雑な事も多いですね。鬱になりかけたって所に、お気の毒に思いました。もう大丈夫ですよね。

もう、この写真を見ると、ともさん現場監督出来ますよ。シャワー水洗の付いた洗面台は、使い道がありますね。楽々ワンちゃん達のシャンプーも可能です。良かったですね。壁紙を選んだのはともさんでしょう?ともさんらしなと思いました。

温泉も良いけど、金具がそんなに早く駄目になるのですね。
ああ、思い出した。銀山温泉の藤屋の設計者は、何十万もするシャワー水洗などを取り付けて、(業者が腐るから駄目だと言ったのに)ガンとして聞き入れなかったそうです。そんな事を思い出しました。

毎日温泉に入れたら、ともさん美人になっちゃうぞ!

Andiさん

  1. 2010/06/12(土) 11:57:12 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
わたしは整理整頓、片付けというものがとても苦手で、いつもいつも片付かない海の中にいましたが、今回のリフォームをきっかけに夫の目を盗みつつ色々と思い切って処分しました。すると、物をしまう余裕が出てきて、片付くようになってきました。台所の片付けも苦痛でしかなかったのが、今はさっさと片付けてしまおうという気持ちになれます。

ちりも積もれば山になるという諺は、本当に言い得て妙ですね。小さな汚れを「後で」と見逃してしまうと、雪だるま式に大きな汚れになるということも身にしみました。これからの人生後半は、なるべく一所懸命片付けて、そしてなるべく物を増やさないことを心がけて暮らしていこうと思います。

網戸は、普段は多分くるくると巻いて収納されているんだと思います。使う時だけ取っ手を引っ張ると、それが伸びて広い網戸になるんですね。わたしの説明ではわかりにくいですよね。専門家のcakeさんの方が良く知っていると思います。私の住んでいるところは冬場の風がすさまじいところなので、こういう使わない時は収納されている網戸はとてもいいと思います。トルコでもあるといいですね。

マリオの腫瘍の手術はだいぶ前にしたものです。ぴのこの手術の少し後くらいかな。心配しましたがきれいに取れてほっとしました。カラーをつけたまま2週間ほど過ごしたのですが、狭い家の中をあちこちにごんごんぶつかって歩くので気の毒でした。不思議ですね、他の犬は全く関心を持ちませんでした。

cakeさん

  1. 2010/06/12(土) 12:21:09 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
楽しみなリフォームであったはずなのに、どんどん気持ちが落ち込んでいく自分がとても不思議でした。義父母の家での暮らしのストレスもありましたが、今までの思い出が消えてしまうようで自分の家が無くなってしまうようで、ひどく空しい思いにかられてしまったのです。リフォームが完成してからも、どうかするとたまに古い家の間取りを頭の中でなぞっていたりする事があります。

でもその反面、私にとっては少しつらい思い出である義父母との関係からはすっかり解放されました。

台所と洗面所とトイレの壁紙は私が選びました。台所の壁は赤い花模様なのですが、貼られた直後は「ぐはっ、ど派手。。。」と少しひいてしまいましたが、家具に隠れてみるといいアクセントになってよかったかなと思っています。小さな見本から選ぶのは難しいですね。

現場監督と言えば、今回のリフォームの指揮をとってくれたのは、この家を建てるときの現場監督と同じ人で、かゆい所に手が届くようにあちこちに気配りしてもらえて本当にありがたかったです。彼にとっても、感慨深いリフォームだったのではないでしょうか。

温泉の蛇口は傷むので、蛇口にしないでパイプから直接流しているお宅もあると聞きました。温泉ではない蛇口やそちこちは洗ったそばから白い粉が吹きます。湯船のヘリから温泉を流しっぱなしにしていたら、流れた後が湯船の外側に黄色くついて無惨です。

えーと、私の周りには毎日温泉に入っている人がたくさんいるのですが(共同浴場もあるので)、そういう人もそうでない人もいます、はい。なので温泉に毎日入ったからといって美人にはなれないと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。