• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏椿

  1. 2008/04/15(火) 09:54:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
沙羅種

cakeさんに頂いた沙羅の種を水につけてみました。
タッパーにコットンを敷いて、水を入れ、種をパラパラ。

左の小さいのが三角の中から出てきたもの。
右の少し大きいのが、一緒に入っていた種。

調べてみたら、沙羅は夏椿ともいって、近年人気の
花らしいですね。
普通の椿より寒さに弱いらしく、庭植えは関東以西が
望ましいとありました。

それと、ちょっと気になる記事が。。。

=========================

上 京区 【関東】 2006/02/03(金) 17:54:57
 昨年の暮れに、夏椿の実から種を採取しました。
この種から芽を出させ成木にするのは、無理なのでしょうか?
もし出来るのなら、種の蒔き時期や手入れの仕方を教えて下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
鯛次郎 2006/02/04(土) 00:04:42
私は、晩秋に採種後すぐ種をまきました。
ところが、調べてみると「サヤがはじける前に早めに採種するのがコツ」とあり・・・熟しすぎると発芽率が落ちるそうです。
だから私も遅かった。9月下旬~10月に採種するのだとか。
採種後、サヤを自然に乾燥させると中の種が取り出せ、取り出した後はすぐに種まき。直射日光の当たらない明るい日陰で種が乾燥しないように水をあげます。乾燥を防ぐためなどにも藁や落ち葉をのせて置いても良いそうです。順調なら春に発芽します。
本葉が4枚程度になったらポットなどに植え替え。1年で20cmほど、2年目には30~50cmになるそうです。
私は秋に再チャレンジ。
今の種も「もしかして」と思い水あげています(^-^)v 頑張りましょうね。

=========================

でも、めげずに楽しみに待つことにします。
スポンサーサイト

<<桜の下で | BLOG TOP | 春眠>>

comment

あっれ~~!

  1. 2008/04/15(火) 10:48:12 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ともさんの所のは、種(?)が3種類ありますね。
なんでだ~~!
鯛次郎さんの文章には、サヤの中の種ともありますね。
やっぱり三角のは、サヤなんでしょうね。
1個、ハサミで切ってみました。中もずっと固いままでした。どう見ても、他の種のような柔らかくて美味しそうな胚芽が入っていません。やっぱり・・。
秋に植えるんですか。うむむむむ

私もめげずに頑張ってみます。

どひゃ~!

  1. 2008/04/15(火) 11:02:12 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
(なんちゅうコメントのタイトルじゃ!)

ともさん、こんなもの見つけました。
やっぱり、三角のはサヤですね。

http://fshop-posyposy.cocolog-nifty.com/posyposy/2006/12/post_96d5.html

ですね

  1. 2008/04/15(火) 21:59:43 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
やっぱり、中から出てきた種だけでいいんだよね^^;
でも、万が一ということもあるので、三角のも
そのまま入れておきます。
何があるかわからない世の中です。
さやがないと発芽しない過保護な種もあるかも
しれません。

さてさて、発芽するかお楽しみ♪
発芽しなくても大笑い♪

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


<<桜の下で  | BLOG TOP |  春眠>>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。