• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの根

  1. 2010/07/05(月) 22:16:17|
  2. 植物
  3. | コメント:6
今日、娘の所から帰ってきて台所に立ってみたら、
あらー、なにこれ!!
トマト根
水にさしてあるトマトから根がびっしり出ていました。
すごいですねぇ。
これですもん、芽かきしたトマトがすぐ根付くわけです。
がんばれ、トマト!!



ところで、トマトとは全く違う話題ですが…

駅

日曜日、娘と買い物に行く為に駅に向かって歩いていたところ、
駅近くの交差点で、ある人を目撃して、娘と二人顔を見合わせてしまいました。

まだ若い女性が信号待ちをしていたのですが、肩に下げたバッグが
表面の3分の1ほどがはげていたのです。
それだけなら、アララで済んだのですが、足元のサンダルは壊れかけており
足が浮腫んで変色していました。
髪はキチンとポニーテールに結んでいたのですが、バッグ以外に持っていた
紙袋にはタオルが見えていました。顔立ちの整った可愛い方でした。
いったい、何が彼女にあったのでしょう。
足を引きずって歩く彼女のうつむいた表情は暗いものでした。

派遣切りで行く所もない若い人たちがネットカフェやファストフードの店で
過ごしているというのを報道では見聞きしていましたが、おそらくそうではないかと
思われる彼女を見て、胸が痛みました。

消費税を上げるのあげないのと選挙を前に議論されていますが、
どうか、若い人たちが働ける場所が増えてくれますように。
どこの政党が政権をとってもいい。少なくとも働き盛りの若い人たちまでもが、
路頭に迷う世の中から脱却してほしいと心から願わずにはいられません。
スポンサーサイト

<<お盆 | BLOG TOP | おしえてあーげない>>

comment

No title

  1. 2010/07/06(火) 10:22:27 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
トマトも、暑い中、ちゃんとお留守番をしていましたね。
私は結局口先だけで、何も植えられなかった。しくしく←今でも間に合う、立ち上がれ!

ホームレスも、昔は年寄りだったり、中年のおじさんだったりしましたが、今は誰がなっても不思議はないのですね。大卒でも、就職難の為、留年すると新聞に出ています。コスト面だけを考えて、職場をアジアに移した企業のツケが、はね返っているのだと思います。これから日本は良くなるのでしょうか。

cakeさん

  1. 2010/07/06(火) 16:12:15 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
立ち上がれ!!cake in じゃぱん
なんちゃって。なんでしたら、お裾分けしましょうか、トマト。

母が今でも時々、
「上野には今でもこじきはいるか?」と言います。
「今は駅にはほとんどいないし、お金クレって手を差し出す物乞いはいないのよ。」と説明するのですが、もうすぐ90歳の母の頭の中には「ほたるの墓」当時のことしか思い浮かべられないのでしょうね。

不況もさることながら、若い人たちの意識もかなり変わってきているのではないかと思います。これだけ就職先がないと騒がれているのに、若い人たちは「自分に合わない」と言って簡単に仕事をやめてしまうみたいです。一度辞めてしまったら再就職は難しいと大人や学校の先生が教えたところで、当の若者達はどこ吹く風。で、結局取り返しの付かない年齢が近くなってやっと慌て出し、慌てた所でもうどうにもならなくなってしまっている。親が甘やかしてしまったんでしょうか、私も親として反省しきりです。

No title

  1. 2010/07/12(月) 03:55:57 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
20歳の息子のいる私には特に胸の痛む話です。若くて無職、しかも行くところがないってイギリスだけの話かと思っていましたが、今の日本でもありそうなことなんですね。

トルコの家の庭に、2件となりの大学教授が「野菜を育てさせて下さい」と言うので「どうぞ」とお返事したのは去年のこと。さて、来てみると、庭にトマトとチリ(ピーマン)が成長していました。トマトはまだ赤くならないんですが、チリはがんがん大きくなって本日かご一杯に収穫して、ご近所に配りました。「辛くないからあなたも食べなさいよ」と言われましたが、現地のみなさまのように、三度のお食事のたびにぽりぽり生で齧る勇気のない私なのです。

Andiさん

  1. 2010/07/12(月) 22:19:42 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
まあ!やはりイギリスでもそういう若者がいるのですか。切ないですよね。どうしても自分の子供と重ねてしまいます。

その大学教授は植えるだけ植えて、育てるだけで収穫はしないんですか? 家の畑にも野菜植えてくれないかしら。

トルコにはどのくらいいらっしゃるのでしょう。長い休みが取れていいですね。我が家の夏休みは8月の13,14,15だけです。でも、14が土曜で15が日曜だから、今年は実質一日半だけです;;

No title

  1. 2010/07/15(木) 00:47:40 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
Andiさんちのお庭にも人様が植えたと言うトマトが青い実を
つけていました。帰るまでに食べられたかな。

なんだかつらいものを見てしまいましたね。豊かに見える日本で
そんな人がいるなんて信じられません。

yukacanさん

  1. 2010/07/15(木) 09:42:41 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
トマトって、中々赤くならないんですよ。じりじり待ち焦がれて、赤くなってきて、さあ明日には収穫だと思って畑に出向くとカラスに食べられちゃってたりして、んもぉ、頭にきます。キュウリは食べないのよ。

わたしも、その女性を見て信じられない思いでした。ホームレスと言ったら、中年の男性か老年の女性だけと思っていましたから。娘を連れていましたから、その女性にすがる親もいないのかなあと悲しくなりました。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。