• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く夏

  1. 2010/07/27(火) 17:29:46|
  2. 季節
  3. | コメント:7
昨日の夕方、畑の草取りをしたのですが、大きなゴミ袋3つ分にも
なりました。それでもまだ取りきれません。その少し前には、
知り合いのSさんがゴミ袋4つ分も取ってくれていたのです。
この季節、草達の勢いのいい事ったらありゃしません。

その草達に負けず、ひまわりがやっと満開になりました。
ひまわりの隊列

一列に種を蒔いたので、ひまわりの隊列ができました。
ひまわりの隊列2

ひまわりって、見ると気持ちが明るくなる花ですよね。
ひまわりの花
種が取れたら保存しておいて、来年は一面ひまわりにしてみようかしら。

連日の暑さでキュウリやゴーヤもネットの最上まで伸びました。
でも、ゴーヤは花はたくさん咲くのにさっぱり実が生りません。
どうしたことでしょう。ゴーヤはたくさん生るから植えるのは1本で
良いぞと教えてくれたSさんの所でもまだ実が生らないそうです。
気候の関係なのでしょうか。
きゅうりネット

畑にたたずんでいると、ヒグラシがカナカナと鳴いてアレレ、夏はまだ
盛りだぞと不思議な気分になります。いつもだとお盆が過ぎてから鳴くのに、
近年はずいぶん早く鳴くようになりました。
蜂も夏を惜しむかのようにねむの花の蜜を吸っています。
長期予報では残暑が厳しいという事でしたが、北国の夏はあっという間に
通り過ぎていきます。暑いあついとぼやきつつも暑さを堪能しなくては。
ねむに蜂
スポンサーサイト

<<夏休みも終わり | BLOG TOP | リベンジ>>

comment

No title

  1. 2010/07/27(火) 19:38:12 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
ははは、おっしゃるとおり、暑いあついとぼやきつつも暑さを堪能しなくてはいけません。イギリスは涼しいんです。と言うか、暖かくてちょうどいいですよ。でも、夏はやっぱり夏らしいのが一番!

ゴーヤチャンプルが有名になる前にイギリスに来てしまいました。千葉でもラズベリーが育てられるようになって、それまでのように輸入物のジャムを紀伊国屋まで行って買う必要がなくなりました。と、そんな頃だったんです。本当に、日本で手に入らないものはないようになりましたね。

トルコのみなさんはひまわりの種をよく食べています。種を口に入れて、うまく殻を割って実だけ食べるんですが、私も配偶者もいまだにその技術をマスターできないでいます。ともさんはうまく食べられる?

Andiさん

  1. 2010/07/28(水) 09:59:47 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
イギリスは涼しいんですか? 今年は世界規模で異常気象のようですが、暑過ぎたり寒すぎたりしていませんか? 日本は人も溶け出すかと思うような暑さが続いています。

沖縄料理はここ数年で目を見張るばかりの躍進を遂げています。生まれて初めてゴーヤを料理した時、調理法がわからずに中の白いわたの部分をよくとらないまま使って、飛び上がるほど苦かった経験があります。

ひまわりの種を殻ごと口に入れて中だけ出すなんて無理ですよ。外で割って食べたほうが早いような気がします^^; そういえば、いつだったか、サクランボ(缶詰のチェリーを使うんだったかな)の軸を口の中で舌を使って結んでしまうというすご業をテレビで見たことがあります。

No title

  1. 2010/07/29(木) 09:56:53 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ひまわり、綺麗ですね。私もともさんが一面ひまわりを植えると言ったので、種を食べるのかなと考えました。ひまわりの種は、ハムスターやリス、それに鳥達が大好きですよね。私は自分が食べるのの他に、そんな事を考えました。

ゴーヤ、実りませんか?どうしたのでしょうね。我が家もゴーヤチャンプルは大好きで、夏にはよく食卓に上ります。あの苦みも美味しいですよね。

cakeさん

  1. 2010/07/29(木) 16:52:22 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
ウサギが生きていたら、ひまわりの生の種をどんなに喜んだ事でしょうね。子供の頃にひまわりの種を食べた記憶がありますが、大人になってからはミックスナッツに混じっているのをひとつふたつ食べるくらいで、自分で食べようと言う発想はありませんでした。私の植えたのは矮性の丈の低いひまわりなんですが、一面に植えてもせいぜい膝丈なので迫力はないかもしれませんね。

私は苦いものが苦手なはずなのにゴーヤは好きなんですよねー。夫が好まないので、娘が帰省した時くらいしか食卓に並べられないのが残念です。ゴーヤチャンプルを作ると、夫は豆腐を黙々と、私と娘はゴーヤを黙々と食べると言う妙な図になってしまいます。

No title

  1. 2010/07/30(金) 17:35:17 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
もうヒグラシですか・・・。あの声を聞くと寂しくなりますよね。トルコは5月頃からもう夏なのに、セミは最近鳴き始めました。セミのことをトルコ語で8月の虫と言うだけのことはあります。
ひまわりの隊列かわいいですね。お行儀がいいわー。

Andiさん、メフはひまわりの種5・6個口の中に入れて1個ずつ殻をむいて食べるという特技を持っています。

yukacanさん

  1. 2010/07/31(土) 09:29:59 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
一部のセミを除いてセミは7年くらい土の中にいるんですよね? たまごで生まれた年の気候で生まれ方も変わるのかしらん。トルコ語では八月の虫というのですか、おもしろいですね。トルコでもヒグラシは鳴くのでしょうか。

ひまわりは丈の低いタイプを植えたのですが、大正解でした。一時、突風が吹いてとうもろこしや大きく伸びたトマトは倒れてしまったのです。一列じゃなくて幅広い面積に蒔くと支えあって倒れにくいかしらね。来年はもっともっと工夫が必要なようです。

メフさん、すごいね。種ができたらわたしも挑戦してみることにしましょう。

No title

  1. 2010/07/31(土) 20:11:52 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
↑ ひぇ~!? メフさん、今度行った時、目の前でご披露してねー。で、Yukacanさんの技は?

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。