• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の一周忌

  1. 2008/04/28(月) 17:48:44|
  2. 実家にて
  3. | コメント:7
昨日、実家の父の一周忌がありました。
父が亡くなって数ヶ月は、恋しい気持ちで時々涙がこぼれて困ったものでしたが、
近頃では温かく懐かしい気持ちで父のことが考えられるようになりました。
来年は三回忌ですが、って、なんで二年目なのに三回忌なのやら??

仏事って、ホント、地区ごとにやり方が違って、チンプンカンプンですよ。
お線香は一本だとか3本だとか、友引は葬式しちゃいかんとか、亡くなった本人は
文句言うわけじゃないのにね^^; 私が住んでいる地区では、トラの日に香典を
持って行ったりすると「なんて常識のない人だ!」と白い目で見られますよ。





さてさて、枝垂れ桃も蕾がふくらみ、
しだれ桃


ミントも続々と芽を出し、畑を歩くと良い香りが立ち上り、
ミント


宇宙人も我が家の屋上に降り立ち、
宇宙人


私のアタマもすっかり春めいてきましたよ。

単なるお馬鹿とも言うかな^^;
スポンサーサイト

<<あけび | BLOG TOP | 赤毛のアン>>

comment

寅は

  1. 2008/04/28(月) 21:04:53 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
御父様の三回忌ですか。早いものですね。去年は本当にともさんには大変な年でした。

寅は千里行って千里帰るのだそうです。だから駄目だって母が言ってました。帰ってきたら駄目なんですね。
友引は、その名の通り、お友達をごっそり連れて行くからなのでしょう。どうして友引とか大安とか、あるんでしょうね。中国の暦を元にした、何らかの言われがあるようで、一度宮司さんを呼んで講演して貰った事があります。とっても奥が深くて難しかったです。建築の世界でも、三隣亡とか暦によって、色々引っかかる事柄が多いですよ。

ところで、ともさんちの屋上の、脚の長い宇宙人は何か喋ってましたか。

宇宙人は

  1. 2008/04/28(月) 22:25:33 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
不思議なことを言っていました。
「もっけだのー」とか、
「めじょけね」とか、
「んだのー」とか
「したばの」とか。。。

いったい、何語なんでしょうね?














しらじらしい^^;;

あのー

  1. 2008/04/29(火) 04:22:14 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
原語が一番って話をした後で、なんですが・・・

やっぱ、意味がわかんないと、翻訳してもらいたくなります。「もっけだのー」と「めじょけね」ってどういう意味ですかぁ? 宇宙人がどの星から来たのかわかんないんで、教えて下さい。

宇宙人は

  1. 2008/04/30(水) 00:13:19 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
庄内星からきたようです^^;


庄内弁は、とりあえず、言葉の語尾に「のー」がつきます。
「もっけだ」というのは、「申し訳ない」に「ありがとう」のニュアンスが加わった言葉です。例えば、よそ様の家に忘れ物をしたとき、届けると「もっけだー、わりのー」と言われます。何かを壊してしまって申し訳ないといったときなどには使われません。

「めじょけね」というのは「かわいそう」と言う意味です。子供とか年寄りとか弱者に対して使われるようです。

だと、思うんですけど、ですよね? 庄内星出身のcakeさん。

イギリス星人より

  1. 2008/04/30(水) 00:45:58 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
語尾に「のー」がつく庄内弁は、むしろ関西弁に近いような感じがします。それに比べると、山形弁ってきつい感じ。私の母の身内のほとんどが現在北海道に住んではいますが、言葉の出来る時期に大阪に住んでいた母のアクセントは、ちょっと独特のもののようです。いまだに山形弁が話せませんし。

「もっけだー、わりのー」って、すごくすてきにやさしい響きだと思います。ともさんのお父様も、地元の言葉で「ありがとう。おまえも元気でがんばるんだよ。」ってともさんに言ってると思いますよ。

庄内星の知り合いが言うには。。

  1. 2008/04/30(水) 13:06:49 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
「もっけだの」と「めじょけね」はともさんの言う通りです。
「んだのー」は、「そうですね。」「そうですよね。」でしょうか。優しい言い方です。
「んだ、んだ。」は「そうだ。そうだ。」で、「んだでがい!」は酒田弁で、もっとキツイ言い方になります。
「したばのー」は、「じゃぁね。」「またね。」で、さようならの時にも使います。話の途中では「じゃ、どうする。」「なら、どうする。」の意味合いでも使います。

Andiさん、同じ山形に住んでいながら、内陸と庄内は、本当に言葉が違いますね。生まれて始めて聞いた時には、外国語かと思いましたもの。

そうそう、ともさん。
昨日NHK教育で、「赤毛のアン」を英語で勉強してましたよ。ともさんも見てたのかしらと思いました。学校で、ギルバードがアンの机の上に、仲直りのリンゴを置いた場面でしたよ。

標準語化

  1. 2008/04/30(水) 15:59:27 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
学校では子供たちに標準語で話すように指導しているせいなのか、子供たちの口から「もっけだ」とか、「めじょけね」という言葉を聴くことはありません。

でも、「わりのー」とか「したばの」とか、「んだばね(じゃあね、またね)」とかは言いますね。私も娘と電話で話していて、最後の締めくくりに「したば」と言うことが多いです。私は秋田星出身なんですけど^^;

cakeさん、NHK教育は、間違ってまわした時意外は見ることは滅多にありません。へー、そうなんだ、今度見てみたいです。


そうそう、今日、実家に来ているんですが、本棚に私が中学生の時か高校生の時に読んだ「戦争と平和」があって、びっくりしました。あんなに厚い本なのに690円だって! しかも、本の字の小ささったら、本を読む気力を失わせるに十分な小ささでした(泣) 考えてみたら、今の本って、字が大きいんですねぇぇ。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。