• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬の死

  1. 2014/09/01(月) 09:27:10|
  2. | コメント:3
しばらく前から餌を一口二口しか食べられなくなっていた老犬でしたが、先週の日曜から
餌も水も全く受け付けなくなってしまいました。それでも目を覚ましたり眠ったりとしている
のは様子で分かっていたのですが、金曜の夜あたりからほとんど反応もなくなり、一昨日の
土曜の朝にはまばたきもしなくなりました。餌を食べなくなったころから夫とは火葬の事やら
何やらを話し合っていたのですが、夫はできるなら自分も火葬に立ち会いたいと言ってました。

土曜の午前中、私に排せつ物の始末をされたりしながら犬は私の背後で座布団の上に寝て
いました、時々というか、しょっちゅう振り向いては呼吸を確認していたのですが、お昼の
12時25分振り向いた時には呼吸が止まっていました。覚悟はしていたものの、涙がこぼれて
頭を撫でていると夫が仕事から部屋に戻ってきました。まるで夫を待っていたような死でした。

この気温ですから、気を取り直して犬の火葬場に電話をすると、すぐに予約がとれて無事に
火葬もすませることができました。段ボールにバスタオルとペットシーツを敷いて連れて行った
のですが、そのまま焼かれました。部屋には「ペット僧侶」の資格の証明書が飾ってあり、
証明書を出したのがペット大本山ともあり、なんだか驚いたのでした。3キロもないくらいに
痩せてしまっていたので、火葬時間は30~40分、それを冷却するのに30分程かかり、
立ち会い個別火葬料として18000円を支払って、持参したペット用骨壺に入れてどこにも
寄らずにまっすぐに家に連れて帰りました。気が済むまで写真と共に出窓に置いておくつもりです。
スポンサーサイト

<<川西ダリヤ園と道の駅めぐり | BLOG TOP | 老犬用低反発寝具>>

comment

  1. 2014/09/01(月) 14:48:45 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
とうとう別れがやって来ましたか。夏休みに帰郷した子供達にも会えて、「もう無理しなくても良いかな。」と悟ったのかも知れませんね。
ご家族に、取り分けともさんに可愛がられて、幸せな一生だったでしょう。私の記憶でも、お利口さんのワンちゃんでした。でも、悲しいね。可愛がっていた家族がいなくなるのは本当に悲しいですね。どうか、向こうの世界で、走り回って遊んでいますように。

ともさん、無理せずに、いっぱい泣いて下さいね。

  1. 2014/09/02(火) 01:10:58 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
悲しい。ここに来て亡くなったということを知るのがつらくて来たくなかったりしてました。わんちゃん、みんなに愛されて幸せだったと思います。

ともさん、Cakeさんの言うとおり、こらえたりしないでいっぱい泣いてね。私もなんだかすっかり気が折れてしまって、ちょっと何も手につかない。でも、ともさんが元気になるようにお祈りしてます。

cakeさん、Andiさん

  1. 2014/09/02(火) 13:59:40 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
夏休みに子供たちに会えたのは本当によかったです。とりわけ娘はずいぶん可愛がっていたので、亡くなった連絡をしたときは電話の向こうで涙声になっていました。

痴呆が始まって、ウンもシーも粗相を繰り返し、隅に入り込んでは鳴き、昼夜逆転して夜中大騒ぎし。。。。と色々ありましたが今はもう可愛かった思い出の方がずっと大きいです。寝込んでから結構長かったので、悲しくて涙がこぼれるより、いなくなってしまったというぽっかり感でとても寂しいです。でも、お二人とも言ってくださっているように、幸せな犬だったと思います。歯並びが悪くて、ちょっと売れ残り気味の犬(笑)でしたが、我が家に縁あってやってきました。私達も可愛がり、仲間の犬たちもおり、寂しい思いは最後までしなかったと思います。お二人のコメントでまたちょっと涙ぐんでしまったりしていますが、大丈夫です。変な話ですが、朝になるとお骨の入れてある入れ物のふたを開けてオハヨウの挨拶をし、夕方、マタネーと蓋を閉めています。白いお骨すら可愛い。変態飼い主ですかね^^;

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。