• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立夏も過ぎ夏に向かってまっしぐらにヨタヨタと歩くこの頃

  1. 2015/05/07(木) 10:42:28|
  2. 季節
  3. | コメント:4
4日だけ午後から雨が降ったものの、ここのところずっとよいお天気続きです。
しばらく前までは朝窓を開けるとむせ返るかと思うほどの草木の匂いがしまし
たが、もうおさまって来たようです。今年は待望の自家製タラノメ(畑に勝手に
生えてきた)を6個収穫できました。写真のまん中のにょっきりとした高い木
がタラノキです。
CIMG1675.jpg

今年は脇芽も大きな葉になったので、これも枝になってくれるでしょうか。
CIMG1676.jpg

昨年、一番大きなタラノキが花を咲かせ、黒い実がたくさん生ったのです
が、それが落ちで芽吹いたのでしょうか、あちこちにタラノキベビーが顔を
出しました。いっちょ前に幹がトゲトゲです。
CIMG1672.jpg

今年は植えてから何年にもなるのに一度も花を咲かせたことのなかった
モッコウバラが蕾を付けました。
CIMG1674.jpg
タラノキは大量に芽を出すわ、モッコウバラは蕾をつけるわ、嬉しい春です。

梅の木の陰に沿ってスズランも花を咲かせています。日陰の花なんですね。
CIMG1673.jpg

何故かイチョウまで芽吹きました。これは大木になられては困るので早々に
お引き取り願おうと思っています。
CIMG1677.jpg

お隣のつつじもきれいに咲きました。
CIMG1681.jpg


今年の連休は娘が帰省し、今朝、朝一番の飛行機で戻って行きました。
例によって娘の寝具を早々に片付け、残して行った洗濯物も済ませて、
早く通常モードになろうと気持ちを立て直している最中です。
スポンサーサイト

<<にんたまジャム | BLOG TOP | 食器洗い洗浄機>>

comment

  1. 2015/05/07(木) 19:30:27 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
タラノキの苗木が沢山生えてきたのですね。
判ります。丁度同じような花と実と種が、ウドでもなります。それが鉢植えにこぼれたらしく、芽が出て育ちました。今はそれを友達にあげたので手元にはありませんが、増やすつもりならやれるものですね。
ともさんちの畑がタラノキ畑になるのも楽しそうですね。

連休、娘さんが帰郷されていたんですね。良かったです。

  1. 2015/05/07(木) 20:18:23 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
ええーっ、イチョウはおひきとり願うってことは、ポイしちゃうってことですかぁ?もったいない。ご存知のようにイギリスにイチョウの木はありません。子供の頃、酔った父が神社の境内のぎんなんの実を拾ってきたからと夜中に起こされて、あぶって食べたことを思い出します。いまや銀杏は高価な錠剤になって世界を巡り、ここイギリスでも販売されています。銀杏の入った茶碗蒸しが食べたいよー。

cakeさん

  1. 2015/05/08(金) 08:57:09 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
この間大きい物だけ数えたら16本ありました。その後、まだ小さい物が発生しているのでこれが全部育ったら、いったい、どうしたらいいのでしょう! 道の駅に卸そうかしら、、、と、夢は膨らみます。ウドも増えるんですね。先日、実家に行った折に道の駅でウドを買ってきてサラダにして食べました。そうそう、いつぞやの唐辛子を入れた醤油を使ってドレッシングを作ったんですよ。ピリ辛で美味しかったです。今度はもっと大量に作ろうかな。

Andiさん

  1. 2015/05/08(金) 09:09:59 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
どうしてイギリスにはイチョウがないんでしょう? 気候のせいでしょうか。あの実のせいでしょうか。

Andiさん、調べたらですね、イチョウは種から生えてきたものが実を生らせるまでには30年もかかるそうです。しかも、雌株でなければ実をつけないし半径1キロくらいに雄株がないといけない。雄株か雌株かは葉の形だけではわからず、生殖器官を観察しないといけないそうです。掘ってきて、鉢植えにして楽しむという手もあるかもしれません。

私の父も良くイチョウの実を拾ってきて土の中に埋め、臭い果実部分が無くなった頃に掘り出してストーブで炒って食べさせてくれました。懐かしい思い出です。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。