• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけび

  1. 2008/05/02(金) 16:12:10|
  2. | コメント:16
今日、義父母の家の粗大ごみ収集が行われました。
4tトラック満杯でしたよ!!
だいぶさっぱりしましたが、多分、半分も処分されていないと
思います。私たちが死んだら、残されたものは私たちの子供が
処分しなければならないわけで、私は思い切ってもっと処分したい
のですが、夫がいい顔をしません。「まだ、使える(何かに)」と。。
「いつ、どこで、誰が使うのよ」と突っ込みたいのは山々ですが、
目をつむってあきらめました。

自分の家の物は、自分が動けるうちに処分しなくちゃと、再度
決意しなおしました。夫に見つからないように処分しなくてはなりません。


さて、先日、実家でアケビの花が盛りでした。今年は随分たくさん
咲いていました。
あけび


アケビは、1本の木に雌花と
あけび雌花


雄花が咲き、
あけび雄花


自家受粉するのですが、人工授粉してやらないと、実がなりにくいのだそうです。
私と母とで雄花を摘み取り、雌花にちょんちょんと花粉をつけてやりましたが、
はたして、実は生ってくれるのでしょうか。

それと、実家ではライラックが咲き始めました。私はこの花が大好きです。
来週行ったら、真っ盛りかもしれません。
ライラック
スポンサーサイト

<<ヘアマニキュア | BLOG TOP | 父の一周忌>>

comment

あけび

  1. 2008/05/03(土) 21:12:53 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
「嫁」って立場が悪いですよね。義両親の家の中が片付いていないと「手伝いもしない嫁」、ばんばん片付ければ「感情ヌキで物を棄てまくる嫁」ということになるのが常です。大変ですよね。

子供の時、一度だけあけびを食べたことがあります。この、すごく奇妙なものを口に入れられるオトナたちをすごいと思ったものです。味は思い出せません。今なら食べられるかも。その時は、わざわざ山に採りに行ったくらいですから、希少価値があったんでしょう。ともさんのは、野生じゃなくってわざわざ植えたんですか?ってことは、植え木として手に入るってことですよね?

あらいやだ

  1. 2008/05/03(土) 22:07:21 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
Andiさんったら、だんなさんがイギリスの方なのに、日本人のヨメの立場が良くわかっているんですね。まさにその通りなの^^;


実家のアケビは、父が山歩きが趣味でしたので、山から苗を取ってきたのではないかと思います。子供の頃、父が採って来たアケビを良く食べましたよ。バナナを太く短くしたような形で、色は薄紫色です。熟した実は真ん中から割れて、中の種の周りがとても甘いのです。子供はその甘いのを食べ、親は身を焼いて味噌田楽にして食べていました。実はほろ苦くて、子供にとってはまずいものでしたよ。 季節になると、スーパーにアケビの実が売られていたりするので、今はきっと栽培されているのでしょうね。

アケビの花

  1. 2008/05/06(火) 11:58:31 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
アケビは我が家にも生えています。山から採ってきたアケビの実の中身を食べ、種をペッペと庭に吹きまくったからです。家の基礎の縁に芽が出て、雨トイに絡んだりしています。若芽も料理に使えるんですが、この雨樋に流れる雨水に、銅板の銅が含まれていて、そこらに生えている植物が奇形してるので、せっかくのアケビも食べたらアカンとそのままです。そうですか、雄花と雌花があったんですね。始めて知りました。

Andiさんが始めて食べたアケビは、どうだったんでしょうね。口の中で白くて甘い部分と種をより分けて、ペッペと種飛ばしした訳ですが、最初にアケビの中身を見た時には「カエルの卵?」かと思いました。

おかしい^^

  1. 2008/05/06(火) 21:18:26 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
cakeさんがあけびの種をペッペッとしている姿が
実にリアルに思い浮かべることが出来て、大笑い^^

まあ、確かに、アケビの中身はアレですが、なにも
そこまでリアルに表現しなくても^^;;;

あけびの中身は

  1. 2008/05/07(水) 05:26:37 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
「かえるの卵」というより、子供心に「死んだ蝿がくもの巣にひっかかっている」という印象でした。

いったん口の中に入れたものを、舌でより分けて、種だけぺっぺするという高等な技術が私にはありませんでした。ぶどうもすいかもみかんも、子供の頃の私は苦手でした。味噌田楽のほろ苦い身を食べる前に、見た目と技術不足で完全に負けてました。

ぶどうとみかんは「種なし」品種が出て以来、私も食べられるようになりました。すいかの食べ方は ①すいかを縦に4等分に切る  ②これを横に薄くスライスし、種をフォークでつついて取り除いた後 ③もとの縦割りくし型に集めて両手でつかみ ④食べる と、種無しすいかになることを兄が教えてくれて以来、食べられるようになりました。ちなみに、この食べ方は、うちの兄が特許権を東京特許許可局局長に申請中ですので、この食べ方で食べる前に、必ずご一報下さい。

やっとあの奇怪な食べ物を口にしてもいいと思えるようになったなんて、私も随分オトナになったものです。なでなで。

うむむむ

  1. 2008/05/07(水) 12:38:20 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
Andiさんの蜘蛛の巣にかかった蠅もリアルですね。

そうですか、Andiさんは口の中でのより分けが難しいんですね。私は子供の頃から、小骨の多い魚も口の中で身と骨を分けてましたから、そんなに苦にはならなかったようです。
お兄様が特許申請中の種なし西瓜の食べ方は(わはは)驚きました。西瓜は種では苦労しませんでしたが、切り方によって、真ん中の美味しい部分とヘタに近い部分があり、切り分けした時に真ん中を取ると叱られました。母は、女の子は端っこを取れと言ってました。

最近では、中心から立体的に放射状に切り、誰でも中心がいくようにしましたが、ここ近年は入れ歯でかぶりつけない両親の為に、皮も取り、種も出来るだけ除くようになりました。そうすることで、冷蔵庫に無駄な所は入れなくなり、夏分の「西瓜をいれると冷蔵庫がパンパン」はなくなりました。

こんにちは~

  1. 2008/05/07(水) 16:54:52 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
ともさん、お邪魔します~!
上のお二人のあけび談義を読んでいると、あけびは食べなくてもいいかなと思いました。
1つ新しいものを買ったら5つ捨てないといけないそうです。実家の母は本当にもう整理の鬼と化して実家はスリムそのものなんです。私はトルコへスーツケース2つで嫁入りしたはずなのに5年後の今、実家よりもごちゃごちゃしています。捨てようと思ってもともさんの旦那様と同じでうちの夫は「必要になる」と言って絶対に捨てません。しかもよそでいらなくなったものまで持ち込んできます。しかもしかもそれは部屋にそのまま放置です。私が黙って整理したり掃除したりしてとっくに存在を忘れ去った頃に「あれどうした?」となります。そして自分でどこかに隠したものは何年たってもしっかりありかを覚えているので感心します。大事なことは平気で忘れるくせに!!!

わわわ、yukacanいらっしゃいませ

  1. 2008/05/07(水) 20:19:56 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
あけびはですね、中はほんのりと上品な甘さなのですよ。まあ、たしかに、見た目はアレですが^^;今年は人工授粉を一所懸命したので、実が生ったら皆さんに無理やりおすそ分けします。トルコとかイギリスにも生の果物が送れるのかしら、それが心配だけど。

いつだったかなあ、スイカの思い出…
昔々、どこかのおお上品なお友達の家で、スイカが実だけ三角に切ってお上品にお皿にフォークと共に出されてたまげたことがありました。田舎娘の私はスイカはザクザク切ってパクパクほおばって、種はぺっぺって出すもんだと思っていたのですよ。あれはカルチャーショックでした。

確かに、大玉スイカは冷蔵庫の敵です。なので、私は大玉は切って中身だけにして(食べ易い一口大にして)保存することも多いです。

スイカってさ、時間が経つと食感が粉っぽくなりません?

ははぁ~

  1. 2008/05/08(木) 07:59:44 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
「夫」というのはいずこの家でも、物を棄てさせてくれないようですね。うちのガレージに入っているのは車ではなく、配偶者のごみです。いえ、正しくは、私の言うところの「ゴミ」しかし、彼に言わせると「いつか使える時がまたくる物」だそうな。この男、明日からトルコに行くんで、留守の間にガレージの掃除をする予定の私。すごく楽しみにしてます。ふっふっふ(不気味な笑い)

Cakeさんと私の会話が、Yukacanさんのあけびへの印象をかなり悪くしてしまったのではないかと、深く反省しております。Yukacanさん、あれはオトナの味です。めげずにぜひ、お試し下さい。あけび、トルコにありますか?

アケビ美味しいですよ

  1. 2008/05/08(木) 09:39:24 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
あ、yukacanさんだ!こちらでもよろしくです。
昔、アケビは中身だけ食べる物だと思っていました。
ところが、同じ山形県でも内陸では外側を食べるんですね。食べると苦いのですが、大人になるとこの苦みが美味しいと思えるようになりました。
アケビの実に限らず、新芽も料理にして食べますね。これも美味しいと思います。もちろん苦みはありますけど。

あけびの食べ方

  1. 2008/05/08(木) 18:13:42 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
父はアケビを味噌田楽にして食べていました。私は苦いものが苦手で、今でも皮のほうは食べたいと思えません。田楽以外にどんな食べ方があるのでしょうね。薄くスライスして漬物にするとかできないものかしら。

Andiさん、ご主人のいない間にガレージの中のものを捨てたら、怒りませんか? 家の場合、「あれ、どこにやった?」なんて、とんでもない時に思い出したりするので、うっかり捨てられません。

味噌田楽

  1. 2008/05/08(木) 18:23:25 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
家族が多い割には、アケビも沢山頂かないので、普通は味噌田楽にするとすぐに無くなりますね。肉詰めにしても美味しいとも聞きます。漬け物は、苦くて駄目だろうと思います。苦みを取るには、油の調理が一番ですね。

Andiさんの旦那様は、トルコ行きですか。Andiさんはご一緒じゃないんですね。私もどちらかと言うと物を捨てられない方ですが、私が死んだら家族は困るだろうなと思う物もあります。よし!これからは、ジャンジャン捨ててしまおう。

苦い食べ物

  1. 2008/05/09(金) 06:35:39 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
配偶者が、ひとりで2日以上外泊するっていうのは、24年間の結婚生活で初めてのことなので、びびってます。「帰ってきたらガレージが空になってたりして・・・」と言ったら、「ははは、君はそんなことしないよね。」って軽く笑いとばされてしまったので、すっかりやる気をなくしてしまいました。(根性のないやつ!)

先月実家に帰った時、ふきのとうを食べたんですが、あれを美味しいと思えるようになったってことは、やっぱりオトナになったからですよね。子供の時は、いくら春だからって、こんな物を口に入れなきゃならない理由がどこにあるんだ!って思ったものでした。

Caskeさんて、すごく舌がこえてますね。苦いものを、それなり堪能なさっているっていうこと、すごく尊敬します。私は自分でも、かなりの味音痴だと思います。

Andiさん

  1. 2008/05/09(金) 09:13:12 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ふきのとうが美味しいと感じるなら、もう大丈夫です。
山菜でも、普通の野菜と違って、微妙に苦みも混じっているようですよ。

Andiさんは、美味しいものばかり召し上がってはいませんか?私は「あれ?失敗したかな。」と言う物まで食べてますから、味覚が広がります。<おい

ガレージ、先手を打たれましたね。残念です。
大事な物を捨てられて困るなら、自分で片付けて貰う以外にはありません。言って、言って、頑張れ!Andiさん!!

ふきのとう

  1. 2008/05/09(金) 18:24:12 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
おおお、ふきのとうは私も嫌いでしたが、3年位前から急に美味しいと感じるようになりました。ふきのとう味噌なんか自分でも作ったりしました。味噌汁に入れたりしてもおいしいですよね、春の香りで^^

我が家の車庫は義父の持ち物だったので、義父が元気な頃はきちんと管理していました。動けなくなったら、次第にさまざまな物が、澱が溜まるように沈殿して行き、先日の粗大ごみを捨てるまでは信じられない状態でした。

粗大ごみを片付け、その後、夫の尻を引っぱたいて一緒に片付けました。一人でやって後で恨まれるより良いかと思ったのです。もっとも、私に好きにやらせたら、ひとつ残らず捨ててしまったかもしれません。

ぶひぶひ

  1. 2008/05/09(金) 21:30:31 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
(Cakeさんに「大丈夫です」と言われたので、嬉しくて鼻の穴をふくらませている音)

春の香りを愛でるなんていい響きですね。そうやって、もっと自然に順応した食生活をしていれば、食料自給率の低い日本でも、やっていけるのではないでしょうか。とは言え、その自然をほとんど破壊してしまった今となっては、もう手遅れなんでしょうかね。

ちなみに、うちの場合「ゴミ」が詰まっているのは、ガレージだけではなく、屋根裏も!なんです。救いようがないと思いません?!

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。