• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火鉢生活

  1. 2016/10/24(月) 11:38:47|
  2. 季節
  3. | コメント:2
CIMG1806.jpg
去年、義父母の家の片づけをした時に物入れの奥から火箸と灰ならしが
セットになった火鉢が二組出てきました。義父母がため込んだ思い出の品は
割と簡単に処分する気持ちになれたのですが、カエルの置物と火鉢は捨てる
気にもなれず、火鉢はそのままにカエルは玄関先で門番をしていました。


CIMG1809.jpg
火鉢の模様もさることながら、取っ手も味のあるものです。
このままにしておくのももったいないと思い、使ってみることにしました。
灰、炭、五徳、火起こし器、炭を起こすためのバーナー(我が家はIHなので、
ガスコンロがひとつもない)等をインターネットで求め、いざ、火を起こさん!!!
と張り切ったのでした。

ところがどっこい、どんなに頑張っても炭が起きないのです。ちょっとばかり火は
つくものの、赤々と起きてきません。全部そろえたのに炭が起こせなくて火鉢が
使えないなんて、しゃれにもなりません。なのであれこれ考たり調べたりして、
ホームセンターで火起こしに最適と思われるアヒル口のバーナーを求めたところ、
炭がついに目覚めたのです!

CIMG1818.jpg

使い勝手がいいように、大きめの板にキャスターを取り付けて、継ぎ足しの炭を
入れるためのバケツを100円ショップで求め、火鉢生活の始まり始まりです。
赤々と起きている炭を見ていると、温かいこともさることながら、どういうわけか
幸福感がふつふつと沸いてきます。子供の頃はまきストーブで生活していましたから、
それへの回顧なのでしょうか。お茶の稽古用に求めたものの、何年も寝ていた鉄瓶も
出番を迎え、嬉しそうに釜鳴りの音を立てています。


CIMG1819.jpg
暖炉もペレットストーブも夢のまた夢の生活ですので、この火鉢は大きな満足感も
与えてくれました。

めでたし、めでたし。
スポンサーサイト

<<犬の死 | BLOG TOP | さよなら 実家>>

comment

火の暖かさ

  1. 2016/11/02(水) 19:56:00 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
炭火や薪の暖かさは、エアコンや石油ストーブとは違う暖かさがあります。今年に新築したお宅での、ペレットストーブも、燃えている炎が見えて、なかなか暖かかったです。
水回りを改築したお宅では、IHをすぐに断られました。炭を熾すのに不便だからと、ガスを選ばれています。
ともさんの火鉢と鉄瓶は、なかなか素敵ですね。鉄瓶の湯で出すお茶は美味しいですよね。

cakeさん

  1. 2016/11/04(金) 09:34:12 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
我が家の冬の暖房は主にホットカーペットとファンヒーターでした。厳寒期にはファンヒーター一つでは足りなくて、反射式ストーブやエアコンも併用します。今のところ、昼間はホットカーペットと火鉢でしのげているので、どこまで我慢できるか検証してみたいと思っています。お義父さんの代から我が家に勤めていた人に聞いてみたところ、この火鉢は昔々の職場で使っていたものだそうです。手をあぶりながら書類書きをしたんだそうで、今では信じられないような話ですね。
確かにガスがないと火起こしは不便です。6年前のリフォームの時、火鉢を使うなんて思いもしませんでした。でも、なんとかかんとか外出をする日以外は毎日火起こしにいそしみ、炭火の番をしているので夫からは「炭焚きばあさん」と言われてしまいました。

しちれいでしよ。。。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。