• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の死

  1. 2016/11/22(火) 11:47:24|
  2. | コメント:2
昨年の5月から心臓の薬を飲み始めていた雌のチワワでしたが、11月11日に
あまりにも急に私たちの前からいなくなってしまいました。

咳が増え、新しい薬がもうすぐ発売されるのでそれを待って薬の量を増やしましょう
という事になっていた矢先でした。

その日の朝、元気にモリモリと朝ごはんを平らげ、前日はもう一匹の犬のごはんを
盗み食いするほどだったのですが、夜中から朝方にかけて咳が激しくなり、肩で息
をするような様子を見せたので念のためにと早めに獣医さんに連れて行ったのでした。

獣医さんには「肺に水がたまっている」と言われ、利尿剤の注射をしてもらい、レントゲン
を撮ってもらいました。そして犬を抱きながら増やす薬の説明を受けていた時に急に
首がかくりと落ち、見る見る舌が白くなって行き。。。。

獣医さんもあわてて蘇生の静脈注射などをしてくれたのですが駄目でした。

心の整理がつかずに2日ほどは泣き暮らしました。10日ほどはぼんやりとしていました
が、やっと心の整理もついたような気がします。

以前に亡くしたトイプードルの時は、半年以上も寝たきりで介護をしていたので、
亡くなった時は悲しいことは悲しかったのですが、心の整理がつかずに混乱する
という事はありませんでした。

もうどこかに行ってしまったかなあ。。。
スポンサーサイト

<<ニギハヤミコハクヌシ | BLOG TOP | 火鉢生活>>

comment

  1. 2016/12/01(木) 09:47:25 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
心構えが出来ないままの別れになってしまったのですね。
しかも獣医さんの所でなら、ともさんの悲しさの中に悔しさも見て取れた気がします。
それでも、ともさんの手の中で最後を迎えたのは、良かったなと思います。私の犬なんか、皆の居た隣の部屋で、たった一匹で逝ってしまいました。もっとやってやれば良かったのにと悔やむことが多いです。

寂しいでしょうね。ぽっかりと開いた穴は埋められないかも知れませんが、悲しみが少しづつ癒えますように。

cakeさん

  1. 2016/12/01(木) 14:12:49 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
ありがとうございます。
だいぶ彼女のいない生活に慣れてきましたが、それでも時折、隣に座ってじっと私を見ている彼女の気配を感じてじわりと涙します。
いつか、絶対私たちの元に何かの形で戻ってくると信じています。悔やむことは山のようにありますが、悔やんでももう生き返る事はありませんし、今いる犬のことを精いっぱい後悔しないように見てこうと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。