• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニギハヤミコハクヌシ

  1. 2017/01/24(火) 11:13:16|
  2. | コメント:4
ここ何週かテレビでジブリシリーズの放映がされていますね。
何度観ていてもついついまた観てはその度に「おおお!」と
感動します。先週は千と千尋の神隠しでしたが、何度も観たとは
思えないほど面白く最後まで観てしまいました。

千と千尋の神隠しの主役はもちろん千なわけですが、もう一人の
主役は「ハク」と言ってもいいのではないでしょうか。
ハクはニギハヤミコハクヌシという川の神様だったわけなのですが、

なんと

なんと

なんと


我が家にもその神様が現れたんですよ!

1484954108193.jpg
呼ばれて振り返ってみるの図

昨年、メスのチワワが急死してあまりに寂しくて今年の春になったら
新しい子を迎えようという話になっていたのですが、お正月に天童の
ペットショップに行ったら、夫、娘、私の3人とも目が釘付けになって
しまった子がいて、しばらく3人で協議をした結果飼う事にしたのでした。
メスのスムースチワワです。短毛なのでシャンプーも自宅ででき、爪切りも
耳掃除も私がするので楽です。

昨年の10月生まれの子でかなり小さかったのですがすくすくと育ち、今、
ちょうどやんちゃ盛りで久しぶりの子犬育てにてんやわんやの毎日です。
娘が数年のうちに戻ってくるという前提の上で飼えた子犬なので、
命名権は娘に譲りました。娘は「ニギハヤミコハクヌシ」にしたいと
言ったのですが、獣医さんに連れて行ってそう呼ばれるのはかなわないので
もっとはしょった名前で勘弁してもらいました。

川の神様の名前をもらったので、長生きしてもらいたいものです。

スポンサーサイト

<<もうすぐ4か月 | BLOG TOP | 犬の死>>

comment

何と呼ばれているのか

  1. 2017/02/15(水) 09:59:46 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
つぶらな瞳が、なんて可愛いんでしょ。
「ニギハヤミコハクヌシ」最初に題名を見た時は、何かの呪文かと思いました。これは呼べませんね。寿限無くらい難しいです。
暖かくてフワフワしていて可愛い生き物が、私も欲しいです。家族の皆さんが揃って釘付けになったのは、きっと縁ががあったからなのでしょうね。天使の羽根も可愛い。

cakeさん

  1. 2017/02/16(木) 17:02:11 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
確かに暖かいです。というより熱いくらいです。子犬の体温は高いのでおなかを触ると、こんなに熱を発していて大丈夫なんだろうかと心配になるくらいです。

天使の羽の服はネットで探しましたが、写真だけ見た時は羽の模様かと思ったのですが、届いてみたら立体的なアップリケでびっくりしました。最初は100円ショップの靴下に穴をあけて着せていたのですが、端から糸くずがぽろぽろとこぼれて部屋中にちらかるので往生したのです。

靴下に穴をあけ

  1. 2017/02/17(金) 12:20:18 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
なるほど、靴下に穴を開けて服にするのは良いですね。首の所は、リボンを通して服が脱げないようにしたり、どんどん成長するので、新しくしたり。何て楽しいんでしょ。
私のは、替えも必要だったので、棒針で編みました。寒がりの犬の時も、乱暴者のウサギの時も、簡単なのを作りました。
この子は10月生まれなのですね。もう少し大きくなりますか。可愛いくて元気なんだろうなと思います。子犬って老犬とはまったく違いますね。

cakeさん

  1. 2017/02/20(月) 09:01:04 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
100円ショップの靴下はふちをかがってもどうにもならないくらい糸屑をまきちらしました。
私もカギ針と棒針で服を編みましたよ。棒針編みは来年も着られるのではないかと思う程の大きさに仕上がり、ガッカリしました。そのうち、また編みたいと思っています。
この子は何故か服の着替えを嫌がり、脱ぎ着させるのが大変です。こんなに怒りの声をあげて抵抗を示す犬は初めてです。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。