• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あら! 犬だったのね!」

  1. 2008/05/11(日) 12:00:27|
  2. 動物
  3. | コメント:4
私は犬を3匹飼っています。
間もなく9歳になるトイプードルと、4歳のオスチワワ、2歳のメスチワワです。
春は、狂犬病の予防注射の季節です。本当は地区ごとに獣医さんが出張
してきてくれて注射を受けることが出来るのですが、今年は忙しくてその当日に
行けなかったので、昨日、かかりつけの獣医さんの所へ行ってきました。

春は、狂犬病の予防注射もさることながら、フィラリアの検査も受けなくては
なりません。フィラリアは蚊を介して感染する病気で、蚊に血を吸われると
蚊の口からフィラリアの卵が犬の体内に入り、血液の中で育ちながら
心臓に到達し、心臓の周辺にフィラリアの成虫が寄生し、放っておくと
死に至ることもある病気です。

5月から11月くらいにかけて、毎月薬を飲むか注射を受けるかして、フィラリアを
駆除しなくてはいけないのですが、フィラリアに感染してしまった場合に
フィラリアの駆除薬を飲むとショックを起こすのだそうです。
ということで、フィラリアの薬を飲ませる前に、昨年中にフィラリアに感染しなかった
かどうかを、血液検査で調べるわけです。

ふぅ~、長い話ですみません^^;

で、ここから本題。
最初にトイプードルが、採血と注射を受けました。
おとなしいんですよ、これが。ウンともスンとも言わず、ニコニコと(うそです)処置されて
いました。

次は、オスのチワワ。
獣医さんが採血のために前足に駆血帯を締めてと、、、
さあ、採血の為に針を刺しましたと、、、、
そこで、チワワの口からはこの世のものとは思えないような(^^;)叫び声が。。
まるで猫を踏んづけたようなものすごい泣き(あえてこの字)声です。
待合室にいた他のペットの飼い主さんが何事かと診察室を覗いてひとこと。

「あら! 犬だったのね!」

結局注射のときも大泣きして、穴があったら入りたいほどでした。
メスチワワは、これまたおとなしく処置を受けてくれたので一安心。



ところで、私たちが獣医さんの所に入って行ったら、先生がゴールデンの飼い主さんと
深刻な話をしていました。どうやら、肛門付近に腫瘍ができたらしく、手術しても
きれいに取りきれる可能性は少ないこと、抗がん剤を使う手もあるが、経済的に
結構大変なこと等を話していました。飼い主さんはかなり困惑しておられました。
家も、3匹いますから他人事ではありません。家族同様の犬ではありますが、
家計を圧迫してまでの、しかも必ず治る見込みのない医療を受けさせることが
出来るのだろうか。私も考え込んでしまいました。

とりあえず、なるべく犬の身体を毎日触り、異常の早期発見に努めなければと
思ったしだいでした。

下は、先日、鳥海山のふもとのドッグランに行った時の写真です。
晴れて、鳥海山もとてもきれいに見えた日でした。

ドッグラン1


ドッグラン2


ドッグラン3




ペコ1


ペコ2
スポンサーサイト

<<アンとギルバート | BLOG TOP | ヘアマニキュア>>

comment

注射

  1. 2008/05/12(月) 02:18:59 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
ペットも家族の一員ですから、必要な治療はちゃんとしてあげたいのが本音でしょう。そのワンちゃんが良くなることをお祈りしています。

うす茶色ちゃんと黒いのちゃんと、どちらが大泣きしたチワワちゃんですか?

  1. 2008/05/12(月) 06:36:28 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
小さいときに飼っていた犬がフィラリアで死んでしまったんです。今でもその時のことを思い出すと泣けてきますよ。どちらが大泣きした子なんでしょう。「あら犬だったのね」ってなんだと思ったんでしょうね。でもかわいいなあ。

わははは

  1. 2008/05/12(月) 14:19:23 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
最近は、TVの動物番組に喋る犬が出て、あまり上手に喋るので感心すると共に大笑いしてました。
我が家の犬も「あおん」と鳴きます。ともさんが猫の声に聞こえたぐらいですから、「にゃおうん」「ぎゃぁあおん。」とそれは見事に鳴いたのでしょう。聞きたかったわ!
犬でも個性があって、雄だから強いとは限らないようです。痛い事された病院をよく記憶していて、玄関の前でも震えるようになりましたし、耳元で「注射」とか「お医者さん」と囁いても、ブルブル怯えます。あ、これは私が悪いんですけどね。

大泣きした犯人(犬)は

  1. 2008/05/12(月) 16:31:32 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
大泣きしたヤツの写真を二枚ほど追加しておきました。

性格もあるのかもしれません。膝に乗せて欲しい時や、朝食時、人が食べているパンをねだる時など、この白黒チワワだけがまるで人間の赤ちゃんのような声で鳴きます。

あまり面白いので、以前、携帯で声を録音したのですが、音が割れてうまく録れませんでした。何とか方法を考えて、再チャレンジして、成功したら声をアップしますね。

昔はフィラリアで死ぬ犬はたくさんいたようです。今は良い薬があるので、きちんと飲ませている限りフィラリアで死なせることは少なくなってきたようです。狂犬病の予防注射と、フィラリアの薬と年一度のワクチンだけは飼い主の絶対なる義務だと思います。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。