• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンとギルバート

  1. 2008/05/13(火) 09:28:49|
  2. | コメント:6
「赤毛のアン」、「アンの青春」、「アンの愛情」と、シリーズを三冊読み終わりました。

今朝方、4時半頃に目が覚めてしまい、これ幸いと「アンの愛情」の後半を読み始め
ました。
実は、cakeさんが、ご自分のブログで「アンは一時別の人と婚約した」と書いてあった
のを読んで、私は大人げもなく「え! うそ! そんなはずはない!アンはそんな人で
はない!」と根に持っていたのです。でも、私の記憶力など当てにならないことは良く
自覚しているので、まずは読んでみようと、暇を見てはぽちぽちと読み進めていました。

そして今朝7時、やっと真実をつかみました!! なんて、オーバーですね^^;
ホントは純粋に楽しみながらよんでいたんですけれどね。

アンはロイ・ガードナーに求婚されて、その瞬間に自分は恋に恋していたと気づいたんで
すね。そして、プロポーズを断ってしまいました。ギルバートがクリスチン・スチュアートと
婚約しているという噂にあてこする気持ちもあってロイとの付き合いを愛情からだと自分に
言い聞かせていたのですね。ギルバートの方は、クリスチン(故郷に婚約者あり)の兄から
妹の面倒を頼まれていただけでした。

めでたし、めでたし。


不思議なんですよねぇ…
赤毛のアン、面白く読めちゃうんですよ。
私、精神年齢低いんですかね…

もうひとつ不思議に思っていることがあります。
以前読んだとき、アンが結婚するまでは面白く読み進めたのに
アンの結婚してからの生活はさして面白みを感じなかったような
記憶があるのです。
これも、解明してみなくては。
スポンサーサイト

<<ある犬の死 | BLOG TOP | 「あら! 犬だったのね!」>>

comment

  1. 2008/05/13(火) 12:49:12 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
アンの愛情まで進みましたか。
私は、赤毛のアンを読み始めると、必ず最後のアンの娘リラまで読まないと終わらなくなるのです。連続して一つの小説と考えている節があるので、結婚するまでと離しては読めないようです。

アンを読んでいると、自分がアンになったように思えますですけど、私だったらこんな事しないのに・・・と歯がゆくなる事があります。余程のめり込んでいるのでしょう。
だから、なんで面白みのないロンと恋に落ちるんだ。ギルバードはどうしたと、怒り狂って読んでいるんですね。結末が判るのに。

ほんとうに

  1. 2008/05/14(水) 19:53:35 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
赤毛のアンは読み始めるととまらないカッパエビセンですよ。
でも、ぐっとこらえて、、、というか、若い頃に比べたら実生活の必要性が切羽詰っているので、読みたいのをこらえて実生活を優先しています。大人になったもんです、わたしも。

河北新報

  1. 2008/05/19(月) 17:24:49 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
宮城県の新聞なんですが、赤毛のアンの話が載っておりました。
日本で翻訳されてから100年なんだそうです。
今なお人気って、凄いですね。

http://www.kahoku.co.jp/news/2008/05/20080519t15035.htm

この記事の下の方に、教育TVで赤毛のアンの原書を英語で読もうの番組があるって書いてあります。私が見たのはそれだったんだなと思います。
ともさん、頑張る?やってみる??

そうなんだー

  1. 2008/05/19(月) 22:06:29 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
へぇー、そんなに人気あるのね
って、他人事みたいに^^;

今、「炉辺荘のアン」の半ばくらいまで読みました。最初の訳者の花岡さんのお孫さんが今の本の訳に関わっているので、100年も経ったのもうなずけるような気がしないでもないような、あるような…複雑。。。

で、炉辺荘のアンでは、アンが6人の子の親になるんですが、前にも書きましたが、何故か結婚以降のアンが私にとってはあまり魅力的ではないのですよ。

なぜかしら???
本当に不思議。。。
物語のアンの結婚生活があまりに非現実的過ぎて、共感できないのかもしれない。

原書に関しては、「読みたい」というより、「眺めたい」のかも^^;  アマゾンで洋書のコーナーなんか見たりして、買おうか買うまいか迷っています。

なるほど

  1. 2008/05/20(火) 10:07:03 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
赤毛のアンそのものが非現実的だったので、結婚生活もそんなものだと思ってました。マリラと一緒に住まないくせに、変な親戚のおばさんみたいな人がやって来て一緒に暮らしたりもするじゃないですか。子供達が萎縮したりして、アン自身も主婦としての生活の臭いもしないし、高学歴を利用して何か役に立つ事もするでなし、ああ、なんで私文句言ってるんでしょう。以上です。

はっはっは

  1. 2008/05/23(金) 14:47:07 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
cakeさんは非難ごうごうしながら、それでもアンが好きなんですね。

ギルバートの叔母さんと暮らすアンは時代と文化の違いから来た悲劇かなとも思います。

今の時代に暮らす私なら「けっ、出て行ってもらってください」とはっきり夫に言ったことでしょう。叔母さんが出て行かなかったら、私が家を出ますね。

「アンの娘リラ」まで読んだら、もう一度、最後の総括をしてみようと思っています。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。