• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある犬の死

  1. 2008/05/18(日) 10:48:31|
  2. 動物
  3. | コメント:4
ここ何日かモヤモヤした哀しみに包まれています。
そして、今日はとどめの一発。
朝から涙してしまいました。

犬好きなら誰でもそうでしょうが、犬ブログを見て回るのは
毎日の楽しみの一つです。
私にもお気に入りの犬ブログがいくつかありますが、その
なかの一つにニュージーランド在住のきなこさんという方が
綴っているつれづれなるモナカというブログがあります。

きなこさんは、2匹の犬を飼っていて、先日そのうちの一匹が
死にました。日本で亡くなったご両親が飼っていた犬を、きなこさんが
大変な思いをしてニュージーランドまで連れてきたポメラニアンです。
高齢で心臓に持病を抱えていたチャーリーという犬を、チャリオ社長
というキャラクターでブログで紹介し続け、私もすっかりそのファンに
なってしまいました。

先日の死んだという記事で、胸がギリギリと痛み、今日のチャーリーが死んだ時
にそばにいてやれなかった後悔の記事を読み、自分の事の様に哀しみ
で胸が一杯になり、こうしてキーを打っていても目はウルウルです。


私は動物が好きで、さまざまな動物を飼い、死にも合ってきました。
ダルマインコ、セキセイインコ、小桜インコ、文鳥、ハムスター、
ウサギ、亀、フェレット、金魚などなど。
おしゃべりが得意で、私の笑い声を良く真似ていたダルマインコが
死んだ時は、自分の無知から早く死なせてしまったという後悔で
ペットロス状態になりました。

初めて飼ったウサギのミミが死にそうになったときは半狂乱で獣医さん
の所でわんわん泣きました。

今はウサギ一匹と犬が3匹おりますが、いつかは必ず別れの時が
くるわけで、どんなに日々後悔のないようにかわいがっていたって、
死なれたら後悔するに決まっています。耐えられないほどの悲しみ
であろうと想像に絶するものがあります。

でも、長い経験からいつか時が解決してくれることもわかっています。
きっと世界中で彼女の哀しみが早く癒えてくれますようにと祈っている人が
たくさんいると思います。

私もその中の一人でいることはもちろんです。
きなこさんと直接の知り合いではないけれど、彼女を抱きしめてあげたい
気持ちでいっぱいです。
スポンサーサイト

<<撃沈 | BLOG TOP | アンとギルバート>>

comment

うんと泣いて下さい。

  1. 2008/05/18(日) 17:54:33 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
私が合宿から帰るのを待っていて死んでしまった文鳥もいましたが、私の犬は死に目に会えませんでした。私がいれば死ななくても良かった犬さえおりました。悔やんでも悔やみきれるのではありません。でも、そんな気持ちと言うのは、どこか自分を正当化させたいと思っているのではないかと思うことがあります。

いつかは離ればなれになるのだと判っていても、死は悲しいものですね。泣くという事も、必要なのだと思います。

雨のち少しずつ晴れ

  1. 2008/05/19(月) 15:41:37 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
きょう、きなこさんのブログを見たら、5日間泣くだけ泣いたら、今日になって猛然と前向きな気持ちになったとありました。ほっとしました。

水曜日、実家に帰ったら母の具合が悪くて、翌日友達から電話が来たときに切なくてワイワイ泣いたら、翌日は点滴を受けた母が元気になり、私も気持ちはスッキリしていました。

涙には悪いものが入っていて、泣くといいんですってね。

  1. 2008/05/19(月) 19:42:01 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
自分のそばにいたものの死に、自分の無力さを知ることがたまらなく辛いです。去年クムルの雛が目の前でカラスにやられたときの喪失感を思い出すと今でも内臓がキューンとなります。

カラスめ!!

  1. 2008/05/19(月) 22:13:04 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
自然の摂理とかいっても、切ないですよね;;
例えば、テレビの動物番組で、アフリカの大平原で親にはぐれて死にゆく動物の子のことを放映したりするでしょう? それを写しているカメラマン達は何をしているんじゃい!と憤ったりしますが、自然の世界では人間が手を差し伸べることのほうが不自然なわけで、でも、見ている方はたまらないですよね。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。