• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンカチフリーク

  1. 2008/05/23(金) 15:55:24|
  2. 雑貨
  3. | コメント:9
私はハンカチが大好きです。
ひとつのものを集めることはあまりしないのですが、ハンカチは別。
娘の所に出かけたりすると、必ずデパートのハンカチ売り場に寄ります。
今回も数枚買って来ました。
ハンカチ1


ハンカチはどんなものでも好きですが、特に好きなのが刺繍ものです。
ヴェトナム

スワトウ


だんだん溜まってきて、今までの収納ケースが手狭になり、どうしたらいいの
だろうと考えています。大きなたんすの奥に入れてしまいこんでしまうことは
考えられません。身近において、時々眺めては、「ニタリ、ニタリ」としていたいのです。

手刺繍は無理としても、いずれは刺繍のできるミシンが欲しいと思っているのですが、
どうなることやら。
スポンサーサイト

<<可愛いバッグ、買っちゃった♪ | BLOG TOP | 都会事情>>

comment

  1. 2008/05/23(金) 20:16:06 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
素敵なハンカチコレクションですね。私も日本では季節ごとにハンカチやミニタオルを買い換えるのが楽しみでしたが、トルコではハンカチ売ってません!使っている人いません!ともさんは住めないかしら…。

  1. 2008/05/23(金) 23:48:00 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
私も小学校の時、ハンカチ集めをやってました。今はやってませんが。

イギリスでハンカチを持たない理由がふたつ。ひとつは、イギリスのトイレには必ず、ハンドドライヤーか紙タオルの備え付けがあること。

最近ではよく知られた事実ですが、イギリス人はハンカチで鼻をかみます。私はティシューでかむので、ハンカチの必要性がないんです。鼻をかむのに、きれいな刺繍のハンカチはもったいない。というのが、もひとつの理由です。

ある日、うちの生徒たちが集まってコソコソ話していました。そのうちのひとりが意を決したように「日本では、鼻をかむことは失礼なの?」と聞いてきました。日本人が外国人がハンカチで鼻をかむのを見てショックなように、イギリス人にとっても「えー!? 日本人は鼻かまないのぉー!?」とショックなんですよね。

トルコのトイレには、ハンドドライヤーも紙タオルもないので、日本から、タオルのハンカチをトルコ用に買ってきました。これからまた、ハンカチ集めに凝るかも。

  1. 2008/05/24(土) 05:57:05 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
あらAndiさん!トルコにだってハンドドライヤーや紙タオルがあるところもありますわよ。ないところでも料金を取るところではオヤジが紙ナプキンとコロンヤサービスしてくれますわ。

ハンカチ収集のきっかけ

  1. 2008/05/24(土) 10:04:58 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
私は、若い頃大学病院で看護師をしていたことがあります。その時、白衣の彩りに(当時は本当にただの白い白衣だった)、胸ポケットに色んなハンカチを飾って楽しんだものなのです。それを見た、患者さんが退院する時にお礼としてハンカチを置いて行ってくれる事も多く、中にはたまにですが、刺繍の凝ったものを下さった場合もありました。それで、ハンカチが好きになって自分でも買うようになりました。

yukacan、トルコではハンカチを売ってないんですか! では、何か代わりになるものがあるのですか?あ、でも、ハンカチじゃなくたって、タオルだっていいですもんね。日本だって昔は手ぬぐいで全部用足ししていたんだものね。私も今回、お友達のお土産にアジサイ柄の可愛い手ぬぐいを買ってきたんですよ。今度から、手ぬぐいを集めるのも悪くないなあ。

Andiさん、イギリスの方はハンカチで鼻をかんで、それをもちろん何度も洗うのよね?花粉症の人はハンカチが何枚あっても足りませんね! 生前の義父も鼻をかんだり、涙を拭いたりするのに専用の「布切れ」を使っていました。でも、それはハンカチなどとは呼べない、ただの柔らかい布の切れ端(シャツの古くなったのとか)でした。

私のハンカチコレクションには、はっきりしたレベルがありまして、
1、あんまり好きじゃないハンカチ。持ち歩きもあまりしないけれど捨てられないもの。
2、普段持ち歩くもの。
3、ちょっとおしゃれして、お出かけの時に持っていくもの。
4、気に入っているもので、滅多には使わないけれど、使用したことがあるもの。
5、気に入って購入したもので、まだ新品なもの。機会があれば、ここぞというときにおろしてもいいとおもっているもの。
6、戴いたり購入したりしたもので、コレクション専用で使う気がないもの。
7、家宝


やっぱり、もうひとつケースを増やさなくちゃだめなようです。

ぜひぜひ

  1. 2008/05/24(土) 12:16:11 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
ともさん、その家宝とやらを見せてください。

yukacanさん、トルコでハンカチは探しませんでした。スカーフやショールは沢山売ってましたね。トルコでトイレを探すと、有料が多かったですね。風呂屋の番台みたいな所でおじさんに払う場合と、トイレの入り口に大きな器がおいてあって、現金が入っている物。おつりも自分で取る物がありました。

Andiさん、イギリスではハンカチで鼻をかむんですね。どっちが鼻にとって良いんだろう。風邪引きで赤い鼻になるのを防ぐには・・・どっちが良いんでしょうね。

失礼しました

  1. 2008/05/25(日) 00:22:29 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
Yukacanさん。どうもハンドドライヤーも紙タオルもないところを選んで、用をたしてしまったようです。この次行く時は、コロンヤのサービスしてくれるとこを捜します。(なんかおもしろそう)

あ、そうそう、小学校時代の私のコレクションの中には、ソックスとおそろいのハンカチがあったんです。ソックスは寿命つきてお払い箱になりましたが、そのハンカチはかなり長いこと持ってました。

私の場合、ハンカチの方が鼻の下が赤くならないみたい。でも、日本人として何か許せないんです。で、ティシュー使うことが多いです。

私も、ともさんの家宝ハンカチ見たいです。ぜひ、お願いしまーす!

家宝

  1. 2008/05/25(日) 10:20:42 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
写真の一番下のスワトウ刺繍のハンカチが、私にとっての家宝です。スワトウは熟練した職人の手による手刺繍で、総刺繍となると結構高価になります。

そのうち、自分の為にも写真に撮ってまとめてみたいと思います。そのうち、披露させてください。また、値は張らなくても面白いものとか、思い出のものとかあるのです。

  1. 2008/05/30(金) 05:25:27 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
トルコでハンカチ売っているのあまり見たことありません。だいたいそういうものを携帯している人がいないような気がします。家でも洗面所なら手拭タオルはあるけれどキッチンにタオルがあるうちって見たことないし、外出先のトイレなどで自分のハンカチやタオルを使っている人を見たことありません。拭くものがなければ手をこすり合わせて水を切っておしまいみたいです。乾燥しているからすぐ乾くというのもあると思います。一日五回の礼拝の前には必ず身を清めないといけないので、手足を水で洗い口をゆすいだりするのですが、その後も拭いている人はいないと思います。そしてそのまま靴下はいたりしてます。基本的に考え方が違うんだと思えてきませんか?

台所の手拭

  1. 2008/05/30(金) 08:50:08 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
台所に手拭がないと不便じゃありませんか?
家の台所には3枚も手拭がぶらさがっています。
台所はしょっちゅう水を使うし、家の手拭はいつも濡れています。

日本は湿気が強いですもんね。トルコは乾燥しているのですか。洗濯物もカラリと乾くのでしょうね、うらやましい。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。