• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それって、どうなの?

  1. 2008/07/30(水) 17:17:32|
  2. 雑感
  3. | コメント:5
先日、鶴岡のK川屋さん(地元ではわりと大手のお土産屋さん)でお菓子
を購入した時の事です。

支払いを済ませてお釣りをもらう段になって、店員さんがお釣りを差し出した
ので、私は受け取ろうと手を出しました。すると、店員さんはもう片方の手を、
私がお釣りを受け取ろうと出した手の下に差し出し、まるで両手で私の手を
はさみ込むようにしてお釣りをくれたのです。

子供に「お釣り落とさないでね」と言っているかのようなしぐさです。

家族に「気持ち悪い!」といったところ、「最近はそうすることが丁寧で
サービスがいいと思っている店員がいるらしく、テレビでも報道されてた」
とのこと。

それって、どうなの? ていねいなの? いいサービスなの?

今日、実家に来る途中のコンビニで飲み物を買った時、またもやその「あなたの
お手々を包んで差し上げます」攻撃を受け、げんなり。
この暑いのに、店員さんの生暖かい手に包まれ、鳥肌が立ちそうになりました。
ほんとに丸く包み込み、店員さんの手が私の手と触れるわけですよ。

みんなは嫌じゃないのかなあ、それって。嬉しいのかなあ。
スポンサーサイト

<<夏の牡蠣 | BLOG TOP | 本物はどっちでしょう>>

comment

それは・・・

  1. 2008/07/31(木) 09:19:55 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
私も気持ち悪いです。相手にも依りますが、私自身もあまりベタベタと人に触る人間でないので、ごめん被ります。「あら、やだ!」って実力行使したいですね。

良くわからないサービス

  1. 2008/07/31(木) 09:53:22 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
触られるのが嫌だということもありますが、そうすることが丁寧だと思い込んでいる節があるのがいやでした。

話は変わりますが、義母が足の腫瘍で公立の病院に入院した時、義母はまだ70歳代でしたが、看護士さんが義母を子ども扱いするんですよね。それが優しさだと思ったんでしょうね。でも、当の義母や付き添いの義父は傷ついていました。

そうそう、仁賀保の開店したてのコンビニで面白い思いをしたことがあります。
店員さんが独特の節回しで「いらっしゃいませ~~~」「お客様、○☆△~した~~」と、歌うように長く声を張り上げたんです。どこかの居酒屋で働いていたひとなのかなあと、くすくす隠れ笑いしました。

絶対いや!

  1. 2008/07/31(木) 21:45:13 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
脂ぎった汚い手で触られたら悲鳴をあげます!やめてくれ運動に参加したいです。

病院っていうのはおかしなところです。お医者はやたらいばっていて、患者を叱ったりしているかと思うと、看護婦さんたちは、患者に子供を扱うような言葉遣いをします。これって何とかならないでしょうか?

  1. 2008/08/01(金) 06:07:00 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
接客マニュアルできっとあるんでしょうね。うちの会社はどうだったかなあ。私もこれやられるとわざとらしいと思っちゃいますねー。でもお札を渡す時は両手で渡すように教育されているかも。
病院で看護婦さんが子供扱いするのはいやですよね。トルコでは子ども扱いと言うよりも友達扱いで、もうちょっと普通に、ただ一個人として接することは出来ないのかと思って見ていました。自分が子供扱いや友達扱いされたら相当憤慨して血圧上がりそうです。

接客マニュアル

  1. 2008/08/01(金) 14:28:47 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
Andiさん、イギリスでもお医者さんはいばっていますか? 日本ではここ何年か、患者への対応を医学生に教えるようになってきたのですが、お年を召したお医者さんは「診てやる」という意識が高いです。

私が看護学生だった頃、教官から「医療従事者にとっては日常でも、患者にとっては初めてのことかもしれないのだから、それを忘れずに」と教えられました。私達のときはさほど厳しく言われませんでしたが、今の学生達は「高齢者に対して敬意を持って接するように」と教えられているはずです。きっといい方向にむかってくれると信じています。

yukacanさん、接客マニュアルなのかなあ。大手のスーパーに行くと、お釣りを払い終えた後、いちいち胸の前で手を組んで「ありがとうございました」っておじぎするのよ。やりすぎだと思うのよねー。トルコの看護師さんはフレンドリーなのね。ほどほどっていうのは一番難しいですね。

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。