• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

包丁

  1. 2008/08/01(金) 14:54:18|
  2. 雑貨
  3. | コメント:10
梅雨時のテレビ放送で、家の中でどこにばい菌がたくさん付いているか
というのをやっていたことがあります。台所が驚くほど多くて、中でも包丁の
柄というのはたくさんのばい菌がいるんだそうです。
考えてみれば、包丁の汚れた部分はしょっちゅう洗うけど、柄までは洗わない
ことが多いですものね。

で、先日、生協の通信販売で柄と刃の部分が一緒につながっているものを
見つけて注文し、昨日届いたので早速使ってみました。
包丁

写真では小さく見えますが、普通の菜切り包丁と同じくらいの大きさです。
柄と刃が一体化されているんですよ。
包丁2


洗いやすくて使い心地もバッチリでした。
いやー、しかし、新しい包丁を下ろしたときのあの切れ味ったら感動物ですよね。
なんか、自分って、料理の達人?とかの錯覚を覚えさせてくれます。
トマトなんか、一点の引っかかりも無くスッパリ切れるんですもの。



あぁ、ついでに、包丁さん、勝手に料理もしてくれないかねぇ…

スポンサーサイト

<<まな板 | BLOG TOP | 夏の牡蠣>>

comment

  1. 2008/08/01(金) 15:02:34 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
ギュレギュレクルラン(笑って笑って使ってください)!私も密かに今年の誕生日は包丁が欲しい!と念じています。使いやすそうな包丁ですね。トルコって日本の包丁サイズよりもずっと小さい果物ナイフみたいなのを使うんです。最初は使いにくかったけれど、今はもう日本の包丁は使えません。里帰りした時も果物ナイフを使っています。今度はトルコからマイナイフを持ち帰ろうかと昨日考えていました。帰る予定もないのに・・・。くすんv-409。それから昨日やっぱり包丁を洗いながら「そう言えば柄もちゃんと洗わないとね」と考えていましたよ。

お誕生日はいつ?

  1. 2008/08/01(金) 16:45:24 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
慣れると小さいナイフの方が使いやすくなるんですか!!
大きい果物を切るときなど不便しそうだけど。でも、他の国でも小さなナイフを器用に使って上手にお料理する所がありますものね。

yukacanさんのお誕生日はいつなの? 私も一緒に念じてあげる。

私もです

  1. 2008/08/01(金) 18:16:55 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
結婚した時、父が日本から包丁と砥石とまな板を持ってきてくれました。当時のイギリスでは手に入らないものでしたから。現在はイギリスでも、大きな日本製の包丁が手に入るようになりましたが、こちら流の小さいナイフで料理することに慣れてしまいました。Yukacanさんと同じです。

おお!

  1. 2008/08/01(金) 20:41:02 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
素敵な包丁ですね。切れ味抜群なんですね。それは、料理が上手になったような気がします。

私も小さなナイフだと、うまく切れません。包丁の重みを使って、材料を切っている時があるからです。今、お客さんの家に、イギリスからホームステイしている女性がいらしゃいますが、彼女は「イギリスでは料理はナイフでなくハサミでやるのだ。」と言って、周りの方達はそうなのかと納得しています。本当にそうなのでしょうか。まな板もないと言っていたようです。

  1. 2008/08/01(金) 20:53:09 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
あ、トルコにもまな板ないうち多いです。みじん切りでも何でも手のひらですいすいっです。
私の誕生日は8月19日、もうすぐなのです。強力に念を送っておいて下さいねー。

千切り

  1. 2008/08/02(土) 08:57:10 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
そんなに上手なわけではないけれど、大根やキュウリやにんじんを千切りにするのが好きです。細く切れれば切れる程、嬉しくなります。小口切りのねぎも、スライサーを使うより包丁で切ったほうが良い香りが出ます。私はやっぱり、まな板が無いと、千切りはできないし、手の上でみじん切りなんかした日には、手のひらが何枚あっても足りないくらい傷つけてしまいそう。

Andiさんはどんなお料理が得意なんでしょう。イギリスにいても和食を作りますか?

わお、yukacanさん、8月19日はもう間もなくじゃないの!
よーし、毎朝、お仏壇に手を合わせるとき一緒にお願いしときますからね←効果あるんだろうか^^;

まな板

  1. 2008/08/02(土) 10:16:57 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
トルコでもまな板を使っているものだと思っていました。
何故なら、ガイドさんが、「村人が遺跡から大理石を持って行って、まな板で使っている。」と言ったからです。
手のひらで、タマネギのみじん切りなんて、とても出来ません。せいぜい豆腐ぐらいでしょうか。

ともさん、実は昨年100人分のサラダを作らなければならなくて、スライサーを買いました。キュウリを切るためです。で、スピードを上げたら、指2本スライスしました。出血多量で、とっても痛かった。今年はスライサーで前半を、少し残して包丁で切りました。結局包丁の方が早いようです。キュウリを薄い輪切りにすると、転がるのが嫌だったんですが、妹から「少し斜めに切ると転がらない。」と教えられて、ああと納得しました。人間幾つになっても勉強ですね。

yukacanさん、頑張れ~~!

スライサー

  1. 2008/08/02(土) 18:25:17 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
スライサーは私も持っています。
えぇ、もちろん、指もスライスしました。
あれは情け容赦なくスッパリと切れますね。
あと、千切りっぽくするための「つく」器具も持っています。
でも、小人数分だと、包丁で切ったほうが楽ですね。

スライサー嫌いです

  1. 2008/08/04(月) 07:12:07 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
結婚したのは1984年ですが、当時はロンドンでも、特別なお店に行かなければ包丁とまな板は手に入りませんでした。90年代に入って、テレビで料理番組が流行りだし、イギリス人も、家庭で外国料理をするようになったのです。以来、まな板と出刃包丁が出回り始めましたが、今でも、まな板がないという家庭は決して珍しくありませんし、日本式の大きい包丁を使える主婦もあまりいません。

私は家事一切手抜きで、料理もここ6年くらいまともにやってません。トルコのみなさんはとってもフレンドリーで、ほとんど毎日のようにご近所の朝ごはんやバーベキューにご招待された2週間でした。うちの台所が完成してなかったのがいい言い訳になってましたが、来年の夏は、みなさん日本食を期待してると言っていたので、今から特訓しなければ・・・と思っているところです。

そんなわけで、ともさん、私が作る和食は、自分の体の具合が悪い時に作る「おかゆ」だけです、ははは。

料理

  1. 2008/08/04(月) 16:45:30 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
何をもって「料理」とよぶのでしょうね。アメリカだとレンジでチンしても料理したことになるらしいですし。

わたしも、子供が一緒に暮らさなくなってからは食事の支度の時間がとても短くなりました。ひき肉をこねてハンバーグを作った日なぞ「おおお!今日はがんばったぞ!」と思います。

ちなみに、今朝はトーストにハチミツを縫ったものと、昨日の蟹汁にミョウガのみじん切りと卵を溶いて作った味噌汁でした。お昼は、夫は市販のお弁当で、私はお茶の稽古の後いつも寄る喫茶店で700円のランチ。夜は豚肉ともやしとピーマンとキムチの炒め物と、かつおのたたき(万能ねぎを刻んだものとおろし生姜をトッピングしてポン酢で)と、イカの一夜干を焼いて唐辛子をかけたマヨネーズで食べる予定です。それと昨日いただいたキュウリの芥子漬け。

料理してるかな??

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。