• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

来た道 行く道


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙

  1. 2008/08/03(日) 21:22:41|
  2. 手芸
  3. | コメント:5
若い頃、折り紙にはまっていた時期があります。
大きな一枚の和紙を使ってたくさんの数のつながった小さな折鶴を
折ったり、大変難しいと言われる蟹を折ったりして楽しんだものです。

今日、思い立って、折り紙をしてみました。
折り紙

これは着物。
折り紙藍
結構難しくて、四苦八苦しました。
頭の体操になりました。

これは、同じ着物の振袖です。
折り紙赤
小さな、小さな紙で作ったので、もう目が大変^^;


これは愛する人達のための鶴。
折り紙鶴
一枚の紙で2羽の鶴が寄り添うように折られています。

折り紙って面白い^^
スポンサーサイト

<<丸太小屋 | BLOG TOP | まな板>>

comment

  1. 2008/08/04(月) 05:54:21 |
  2. URL |
  3. yukacan
  4. [ 編集 ]
すばらしい~!何も見ないで折れるのは鶴だけです。ビルテンは鶴が折れるようになりました。
着物、本物みたいに見えますね。友達はトルコで折り紙先生をしているんですよ。

トルコにも折り紙

  1. 2008/08/04(月) 06:55:05 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
日本でも折り紙の先生なんてそう見かけないのに、トルコに折り紙の先生がいるのですか! それは素敵です。 和服にしろ折り紙にしろ、平らなものから立体を作る日本の文化は素晴らしいですよね。

私も、何も見ないで折れるものなんてたかがしれています。本と首っ引きで折るんですよ~

折り紙の世界

  1. 2008/08/04(月) 07:31:53 |
  2. URL |
  3. Andi
  4. [ 編集 ]
私が折れるのは、鶴と着物と風船とかえるだけですが、それだけでも外国人にかなりうけます。イギリス人の折り紙協会会員の友人から、極小の鶴をイヤリングにしたのをもらったことがあります。二次元のものを三次元の世界へと変身させる日本文化を、見直させられました。

何しろおバカなので、本を読んでもわからないことがよくありましたが、折り紙をFlashで見せてくれるHPを見つけて以来、救われました。

イヤリング

  1. 2008/08/04(月) 09:02:04 |
  2. URL |
  3. cake
  4. [ 編集 ]
折り鶴のイヤリングって、素敵ですね。
折り紙のHPと言うのも惹かれます。
ただ、この世界も奥が深くて、恐竜だとか象だとか、もの凄い大作があるので、なかなか前には進めません。

極小折鶴

  1. 2008/08/04(月) 16:50:57 |
  2. URL |
  3. とも
  4. [ 編集 ]
イヤリングにするほどの小さい折鶴は指で折ったのかしら。
すごいですね。
本を見てもわからない折方はたくさんあります。ことに、昔からある箱物なんかの折り方なんて、何枚も紙を駄目にしてしまいます。

折り紙と言えば、一時期「ターバン野口」が面白くて一所懸命HPを見ながら折ったものでした^^;

 管理者にだけ表示を許可する
 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。